« May 2018 | Main

June 17, 2018

今週の相場(6/15時点)

週間でDOWは1%安、NASDAQは+1.3%、日経平均は+0.7%でした。

マーケット的には織り込み済みの米朝会談、激化する可能性のある米中貿易戦争、継続するFRBの利上げという環境下、買えるのはIT銘柄という駆け込み寺的な相場付きに感じられます。

ECBの出口発言で小休止だったドルインデックスは、再び上昇。
Dxy06166

おかげでドル円は、109円50銭→110円60銭と円安が進み、日経平均を支えました。

ビットコインが当面の最安ラインである70万近辺で低迷していることを見ても、全体にリスクオフ気分でマネーが米国回帰の様相となり、金利や為替に左右されにくいと考えられている一部銘柄が指数を牽引しているような風景かと思われます。

Continue reading "今週の相場(6/15時点)"

| | Comments (0)

June 10, 2018

今週の相場(6/8時点)

今週のDOWは+2.7%、NASDAQは+1.2%、日経平均は+2.3%。
NASDAQは、またも最高値を更新しました。

米長期金利が3%を超えずに推移していることもあり、まだパーティは続けられるという楽観派が元気づいています。

ドル円は、先週の109円50銭近辺から変わりませんでしたので、米株の上昇がそのまま日経平均にプラス影響したということでしょうか。

為替市場では、ドル高トレンドが継続するだろうと先週書きましたが、急に失速。
ドルインデックスです。

Dxy06099

なぜか経済好調のアメリカでハト派的な発言が多く、さほど好調とも思えない欧州ではいわゆる出口議論などタカ派的な発言が目立つという展開でユーロが買い戻されました。

背景はサッパリ分かりませんが、トレンドと逆材料に反応しやすいのは、投資家心理の不安定さの現れなのかもしれません。
    

Continue reading "今週の相場(6/8時点)"

| | Comments (0)

June 02, 2018

今週の相場(6/1時点)

米朝会談は当初の予定通り、今月12日に開催されると報道されています。
非核化の解釈について妥協が図られたものと推測します。

北としては、非核化を継続協議として制裁緩和なら大成功。
トランプ側は、歴史的な交渉をリードして半島和平の方向性をつけたと印象づければ大きな得点。

安倍さんが事前に釘を刺しに行くのは、「シンゾー、拉致問題は3兆円で手を打ったんで後はヨロシク」では困ると踏んだからでしょう。
トランプは口だけ動かして、良いとこ取りをしようとしています。

5月の米雇用統計は、失業率が0.1ポイント改善して3.8%、雇用者数も前月比22万3千人増と好調、平均時給は前年同月比2.7%増と前月の2.6%増から改善と、”花丸”の数値でした。

NASDAQは最高値に迫っています。

Nasdaq06011

ドル高に弱いDOWは、最高値にまだ7%ほど足りません。

Dow060111

Continue reading "今週の相場(6/1時点)"

| | Comments (0)

« May 2018 | Main