« June 2018 | Main

July 15, 2018

今週の相場(7/13時点)

米国長期金利は3%手前で上昇の勢いを失い、NYSEには再びゴルディロックス気分が充満しようとしています。

今週のDOWは+2.3%、NASDAQは+1.8%(最高値更新)、日経平均は+3.7%。

日経平均の上昇幅が大きいのは当然ながら為替効果で、今週のドル円は110円40銭台→112円30銭台と、約2円ほど円安方向へ動きました。
ドルインデックスは、先週の94.04→94.68と上昇。

為替の1%で日本株は2%動くとも言われますが、ドル円の+1.7%で指数は3.7%上がりました。

但し、1ヶ月くらい前から、小型株は疲れています。

上から、日経平均、JASDAQ、マザーズ。
N22253336

個人は相場の中身が乏しいことで、市場と距離を置いているのかもしれません。
日銀が買い、クジラが買い、長期金利をゼロにしても、年初来ではマイナスです。

米長期金利です。
Yus10yy04144

株にはありがたい軟調さ。

10年と2年金利との差は縮小し、ちょうど0.25%と利上げ一回分になっています。
4月には0.5%ありましたから、あっという間に半分。

モルガン・スタンレーは、米10年債利回りが年末までに2.75%、19年半ばまでに2.5%に低下すると予想し、19年半ばまでに逆イールドになるとの見通しを示しています。

CMEの金利先物市場では、1年後の金利が2.54%で取引されているので、大体同じような金利観と言えそうです。

Continue reading "今週の相場(7/13時点)"

| | Comments (0)

July 07, 2018

今週の相場(7/6時点)

今週のDOWは+0.8%、NASDAQは+2.3%でしたが、日経平均は2.3%安と逆行。

ドル円は110円40銭と、先週比で小動きでしたが、貿易戦争の敗者と目される中国株が大きく下落したことに日本株は反応したようです。
日本の将来が、米国次第から中国次第にシフトしている事実は否定できません。

上海総合指数は週間で3.5%安で、2016年1月の安値も割り込みました。
Shh07066

DOWです。
Dow07066
なんとか200日線を維持する程度に持ち直しました。

6月雇用統計は、就業者数が前月比21万3000人増。 失業率は労働参加率が増えて、3.8%から4.0%へ悪化。
賃金は、前年同月比で+2.7%。

賃金上昇率が節目の3%に届かないのは、低賃金労働の増加が主因でしょうが、マーケット的には、「過熱感のない好景気」と好感(?)できますから、金利低下と株高で反応。

10年金利が2.82%、2年金利が2.54%と、どちらも前日比で低下し、長短金利差は0.28%と、ついに30bsp以下。あと1回の利上げでまさか、というレベルまで縮小しました。

米国イールドカーブです。
Usyy07066

Continue reading "今週の相場(7/6時点)"

| | Comments (0)

« June 2018 | Main