« 今週の相場(7/27時点) | Main | 今週の相場(8/10時点) »

August 04, 2018

今週の相場(8/3時点)

今週のDOWは殆ど変わらず、NASDAQは持ち直して+1.0%、日経平均は0.3%安。
ドル円は、111円ちょうど→111円30銭程度と小動きでした。

週前半は日銀への警戒感がありありでしたが、結局は現状維持の中で長期金利を(おそらく)0.2%まで許容するというもの。
物価見通しは下げていますので、効かない薬と認めつつ同じ処方箋を書き続ける医者のような格好です。

市場の反応としては、日銀が大きく出口戦略に動くのではないかと構えた一部ポジションの整理が影響を与えた程度にとどまったように見えます。

世界的に見れば、FRBは既に粛々と利上げし、ECBも緊急対策としての大規模緩和からの脱却姿勢を見せていますから、特に海外勢は「次は日銀」という見方をしがちですが、日銀だけはそう簡単に正常化しないのです。

尤も日銀の真意が、金利を人為的に押さえつけて国家債務の実質的軽減を図るという財務省のポチであるなら、見事な演技という評価も可能です。

いずれにせよ、何の出口戦略もなく株やREITを買い続けるという馬鹿げた行動は続きます。

善悪はともかく、日本の10年金利は、0.04%→0.11%へと約3倍になりましたが、例えばMUFJの株価は週間で692円→693円と1円だけ。
国債依存度の高そうな地銀を見ても目立った上昇はなく、金融機関を助ける効果は限定的のようです。

日本の長期金利の上昇は海外にも影響を与えたようで、米国長期金利は一時3%に乗せましたが、週末まで維持できませんでした。

Us10yin55

CMEの金利先物市場では、年内にあと2回利上げの予想が65%を占めており、年末の政策金利は2.4%程度となることがほぼ織り込まれています。

かつては、永遠の高金利通貨(?)と言われた豪ドルも1.5%。
素直に考えれば、ドルがドンドン買われてもおかしくはありませんが、トランプはより明確にドル安を望む姿勢を打ち出しているため、市場関係者のドル強気姿勢は遠慮がちです。

年初来のドルインデックスです。
Dxygtdd123

もはや市場インパクトは限定的となった雇用統計ですが、雇用者数は15万7千人増、失業率は0.1%ポイント低下の3.9%、賃金上昇率は前年比+2.7%で前月と同じ。
まあ、こんなもんでしょうという内容でした。

先週はIT銘柄系に不調が目立ちましたが、好決算に支えられたアップルが時価総額1兆ドル企業となったことは明るいニュースとして伝わりました。
しかしながら、市場全体は夏枯れと景気のピークアウト懸念によって上昇トレンドが定着しにくい環境かと思われます。

特に中国経済に関しては、近年で最も懸念される状況かもしれません。

人民元の対ドルチャート。(5年)
Cnyusd222
貿易戦争の痛手を元安で緩和することは出来ますが、資本逃避は促進します。

上海総合指数。(5年)
Shin080444
4年前の水準です。

中国の全体債務はGDP比250%に達したと言われ、これはバブル崩壊時の日本のレベルと似ています。

プラザ合意後の日本は、通貨高の痛みを低金利で癒やそうとして資産バブルを引き起こしましたが、それを学習した中国は金利を維持し、株安を許容し、通貨安で痛みを緩和しようとしています。

日本が景気のために内部に歪みを作ってしまったのに対し、中国は歪みを輸出している形ですから、日本よりは正しい(ずるい)選択でしょうが、それだけ通貨安の歪みが中国と関係深い地域全体に拡散し、体力の劣った国がバーストする危険があるかもしれません。

為替操作にアメリカが更に怒って、貿易戦争が泥沼化する懸念もあります。

政治的には嫌中の空気が強まり、ドイツのメルケル政権は、中国による国内企業買収を初めて拒否しました。

発展途上国では高利貸し中国に騙されるなムーブメントが広まり、マレーシアではマハティールが中国依存の修正に乗り出し、豪州議会は外国人(要は中国人)のインターンを中止。

友達のいなくなった習近平は、アフリカならまだ札束になびくだろうと、セネガル、ルワンダ、南アフリカ、モーリシャスを訪問しましたが、まだまだ国内に貧困地域を抱える中でのバラマキ外交を批判されました。(批判した大学教授は消えました)

とにかく世界中が暑すぎて、頭がフラフラします。
相場に大きなトレンド変化が訪れるとすれば、秋でしょう。

|

« 今週の相場(7/27時点) | Main | 今週の相場(8/10時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(7/27時点) | Main | 今週の相場(8/10時点) »