« 本年第一週の相場(1/4時点) | Main

January 12, 2019

今週の相場(1/11時点)

今週のDOWは+2.4%、NASDAQは+3.5%、日経平均は+4.1%。
日本が大きいのは、4日金曜日の大幅反発分が今週にずれ込んでいるためで、それを除くと1.6%です。

12月の安値からの反発力を比較してみると、終値ベースで、DOWが+10%、NASDAQ+12.6%、日経平均+6.3%です。

DOW週足です。

Dowww01122

最悪の12月とも言われたクリスマスプレゼントから順調に戻っているとも言えますが、それは割高領域への復帰でもあり、FRBのスタンスや企業業績に脅える日々へ帰っていくことでもあります。

この反発には米当局の株価対策の影もちらつきます。
クリスマス直後には6兆円あまりの年金買いがあったとされ、年明け4日にはアトランタの討論会で、バーナンキとイエレンがパウエルを囲んで脅す(?)という荒技もありました。

今週は小売り株が大きく売られ、代表的な百貨店銘柄であるメーシーズは14%も下げました。

株が下がれば買い物は控えるという形で、資産市場の下落が現実の経済に波及しますので、なんとか株安を止めたいという気持ちは理解できますが、そもそもの原因は割高になった株価自身ですから、無理やり戻せば、また同じことの繰り返しです。

ドル円は週間で、108円50~60銭近辺で変わらず。

Dy011222

104円まで付けたフラッシュクラッシュからは戻ったとはいえ、チャートを見ると、明確に上値を抑えられています。

再びドル安が本格化すると、この104円は分かりやすい目印になります。

米長期金利は、2.66%→2.70%と小動き。
この水準が正しいのかどうか良く分かりませんが、FFレート2.4%との差は0.3%しかなく、金利の上げ余地は少ないと市場は判断しています。

CMEの金利先物市場では、今年12月が2.42%で取引されており、年内は現状維持(利上げ無し)が多数派です。

ドルインデックスは下向きです。

Dxy01122

ユーロを買う理由がそれほどあるとは思えませんが、ドルを買う理由は少なくなっています。

昨年途中までは、ドルを買って米国株に投資さえしていれば、為替でも株価でも儲かりました。
今買うなら米債でしょうが、3%を超えていた時点に比べれば魅力は落ちています。

株を助けるためにFRBが手綱を弱め、米国がインフレに陥る懸念を考えるなら、債券は買えません。
イールドカーブのスティープ化を予想するガンドラックは、米長期債への投資を勧めていません。

ドル安局面では、ドル建て負債の多い新興国株が先進国株より相対的に有利になるはずですが、今のところ顕著な兆候は見られません。
原油(WTI)の反発も、やや息切れ模様です。
ドル安が市場全体を癒やすシナリオの実現性については、まだ観察が必要です。

なお短期で10%上がった米国株は、そろそろ反発疲れが気になるレベルです。

日本株は米国株よりも割安であり、本来は米株動向に関わらず反発の継続を期待したいところですが、現実には、下がるときはより大きく、上がるときはより弱い現状のまま甘んじる可能性が高いと思われます。

12月に買った銘柄は、NISA枠の分を含めて一部売却済みで、残りも「迷えば売り」かと思います。

|

« 本年第一週の相場(1/4時点) | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 本年第一週の相場(1/4時点) | Main