« 今週の相場(2/8時点) | Main | 今週の相場(2/22時点) »

February 16, 2019

今週の相場(2/15時点)

今週のDOWは+3.1%、NASDAQは+2.4%と大きく上昇。
日経平均でさえ+2.8%です。

ドル円は、先週の109円70銭→110円40銭と70銭程度の円安方向ですが、一時は111円台までありました。

ドルインデックスは、先週の96.6→96.9と高値圏を維持。
米長期金利は先週の2.63%→2.66%と若干の上昇です。

CMEの金利先物市場では、12月の金利が2.39%で取引されており、先週の2.36%よりは上昇したものの、依然として現行の2.40%より低い水準で、人々の予想金利が大きく変化したわけではありません。

ドルは、今月に入ってから反発を始めましたが、理由はハッキリしません。
強いて言えば、良い材料のないユーロを買い進むことが難しい水準となり、消去法的に先進国最高金利のドルを買い戻すことになったという感じでしょうか。

ドル円に関して言えば、株高がリスクオンの円売りを促した面もありそうです。

しかし、米バンクオブアメリカ・メリルリンチが12日に公表した調査によると「現金を多めに持っている」と答えた投資家の比率は09年1月以来、最も高い水準となっており、この株高はポジションを整理する絶好のチャンスと捉えている人たちが多いとも観測されています。

今月のドルインデックスは、年初からのドル安メインシナリオとは違う方向に進みました。

Dxy02166
しかしながら、本当にドルが買われているなら金(ゴールド)は売られるはずですが、逆に金は堅調で、昨年秋から10%上昇しています。

Gold021666

原油(WTI)は年初来で2割上昇、商品をミックスしたCRB指数は年初から7%近い上昇なので、コモディティ市場から見れば今年のドルは値下がり。

また対人民元でも年初からドルは下落方向。

Cnyusd02166

ドルを多面的に見ると、強いようで弱いので、株式市場にはポジティブなのかもしれません。

いずれにせよ、12月にあれだけビビッていた米国株が、この割高圏を駆け上がる姿には違和感を感じ、私には付いて行けそうにありません。
FRBのパウエル議長は先月、株が下がったら豹変したのですから、株が上がっても豹変するでしょう。

先週の段階で、短期勝負銘柄はほぼ売ってしまいましたが、来週も更に現金を増やして次の下げ局面に備えたいと思います。

|

« 今週の相場(2/8時点) | Main | 今週の相場(2/22時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(2/8時点) | Main | 今週の相場(2/22時点) »