« 今週の相場(3/22時点) | Main | 今週の相場(4/5時点) »

March 31, 2019

今週の相場(3/29時点)

今週のDOWは+1.7%、NASDAQは+1.1%、日経平均はマイナス2%。

ドル円は、先週の109円90銭→110円80銭へと円安方向でした。

相場のセンチメントは、悲観論とバブル延命論の鬩ぎ合いとでも言った様相であり、今週は悲観から少し反発する順だったという印象です。

悲観論の主要な根拠は逆イールドで、今週末も米国債金利は、6ヶ月が2.42%、10年が2.41%と逆転しています。

これに対して延命論としては、本来の逆イールド指標である2年(2.26%)と10年は逆転していないことと、また過去に3ヶ月と10年が逆転した3回のケースにおいては、下表のとおりその後に株価はピークを付け、景気後退まで平均2年ほどのタイムラグがあるというのが理由でしょうか。

Gyakuierud001

なお、1998年は金利差がマイナスになった後で持ち直して再度2000年7月にマイナスに転じているので、そこからカウントすると、株式のピークは1か月後、景気後退入りは8か月後となり、もっと危機感を持て、という解釈になります。

ドルインデックスです。

Dxy033111

トレンドというほどではないものの、どちらかと言えばドル強含みです。

ドルを買う理由は多くはないものの、ユーロを買えない理由はより多い、ということでしょうか。

新興国通貨では、トルコリラが乱高下しています。

Tryyen03311

エルドアンの猫の目政策、31日の地方選挙という攪乱要因に加えて、外貨準備の減少が気になります。

トルコの外貨準備が危機的水準(ブルームバーグ)

なお、4月中旬になると米国企業の1-3期決算が出始め、そこから日本の10連休へと続く流れについては、依然要注意と思います。

個人的には、株式ポジションの縮小とユーロ円ショートで対応するつもりです。

|

« 今週の相場(3/22時点) | Main | 今週の相場(4/5時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(3/22時点) | Main | 今週の相場(4/5時点) »