« 今週の相場(5/10時点) | Main | 今週の相場(5/24時点) »

May 19, 2019

今週の相場(5/17時点)

今週のDOWは0.7%安、NASDAQも1.3%安、日経平均0.4%安といずれも下げました。

ドルインデックスは97.3→98と上がっていますからドル高傾向ですが、ドル円は110円前後でほぼ変わらず。ユーロからドルへのシフト(ドル買い)と、リスクオフの円ショート解消(ドル売り)がドル円の中で拮抗しているということでしょうか。

米長期金利は2.47%→2.39%と、株から債券への避難行動が進みました。

米国債利回りは、6ヶ月が2.41%、2年が2.2%、10年2.39%。2年と10年の逆転は起きていませんが、6ヶ月が10年より高い状態です。

CMEの金利先物市場では12月の金利が2.13%。

年内利下げ予想は、先週の64%から74%に増えており、こうした利下げ期待の高まりが株価を支える一因です。

先週よりも株の下げ幅は縮小されたとはいえ、依然として米中貿易戦争の影響をどう織り込んだら良いのか右往左往。

成長の可否は中国経済次第と見られている日経平均は、令和になって約5%安。

米国がファーウェイへの部品禁輸を呼びかけたこともあり、日本の優良ハイテク部品銘柄には特に逆風が吹きました。

アドバンテストは今月になって10%以上の下げ、村田製作所は20%安、TDK17%安など、かなり悲惨な状況です。

 

米中貿易の不均衡問題の背後にある知的財産権や技術移転の問題は、アメリカから見ると、不公正な手段によって中国がアメリカの覇権に挑んでいるという理解になるので、トランプ政権の対中強硬姿勢には国内で共感が多いように見えます。街角インタビューでは、多少の関税による物価高は我慢すべきという声も聞かれました。

一方の中国は、面子ある妥協に苦慮。

特に、天安門30周年の6月4日も迫っているこの時期には、安易な妥協も軽率な愛国心の高揚も危険なはずです。

解決の時期が見えない、経済への具体的な影響額が分からないという不透明さは、市場が最も嫌う状況です。

こうした相場環境では、まずは大きな損失を出さず、投資家として生き残ることが優先かと思います。

ビットコインの今週は、70万円→90万→80万と、過熱と調整を挟みながら、依然として上昇基調に見えます。

折しも第二のアラブの春かと、アフリカや南米などでは政情不安や通貨下落などが拡散し、ドル・金・ビットコインへと資産分散心理が強まっていることが背景にあると推測されており、そこに短期のコバンザメが殺到したため、仮想通貨市場全体が過剰にアップダウンしています。

果たしてビットコインは避難場所となる安全資産なのかが試されていると言えるかもしれませんが、その場合は、通貨としての流通性よりも、価格の安定性や国境を越えた移動・換金の確実性が問われることになろうかと思います。

|

« 今週の相場(5/10時点) | Main | 今週の相場(5/24時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(5/10時点) | Main | 今週の相場(5/24時点) »