« 今週の相場(5/17時点) | Main | 今週の相場(5/31時点) »

May 26, 2019

今週の相場(5/24時点)

今週のDOWは0.7%安、NASDAQ2.3%安、日経平均0.6%安と、IT銘柄の多いNASDAQが一番下げました。

日本でも東京エレクトロンが10%安、TDKが8.5%安など、ファーウェイ連想で半導体銘柄を売る動きが顕著です。

日米貿易戦争は、60年代の繊維交渉から数えて30年戦争だったと言われますが、日米にはイデオロギー上の激しい葛藤はありませんでした。

米中の間には、単に貿易不均衡だけではなく、政治的対立、太平洋・インド洋の支配権から宇宙戦争まで世界の覇権争いが絡んでいるので、帰趨がハッキリするには、米ソ冷戦のように50年かかるかもしれません。

中国は現体制が持ちこたえればアジアでの覇権を確立できるかもしれませんが、この大きすぎる国は内部崩壊がアキレス腱です。

市場では株から債券への逃避が起こり、米長期金利は2.32%まで低下。これは1年以下の債券金利よりも低く、逆イールドが発生しています。

前回米長期金利が2.3%台だったのは2017年秋ですが、当時の日経平均は2万円ちょぼちょぼ、DOWは23000$程度でしたから、依然として株は債券より楽観していると言えそうです。

「いくら何でも日本株は売られすぎ」というには、日経平均で2万円くらいまで下がることが必要でしょうか。

半導体系銘柄には、この売られすぎ水準に達していると考え得る銘柄がありそうですが、そうした銘柄群には現実の利益減が背景にあるので、判断は難しいところです。

そもそも日本社会は、格差のある成長よりも分配や結果の公平を重視する傾向が強く、国家予算は社会福祉のために事実上破綻しており、若年・壮年層に資本蓄積が薄く、投資余力がありません。

日本人が競争を忌み嫌い、軋轢の少ない社会を選択している以上、日本株のPERが低いのは当然で、チャンスは売られすぎからのリカバリーのみと言っても良い状態ですから、だからこそ現状は日本の個別株を良くウォッチすべきと言えなくもありません。

米国株は長期保有で成長を狙う、日本株は短期トレードと割り切るのが好成績への基本スタンスであることは、既に常識化していると思われます。

要するに、大きく売られた日本の半導体銘柄を少し買ってみた、ということです。

 

 

|

« 今週の相場(5/17時点) | Main | 今週の相場(5/31時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(5/17時点) | Main | 今週の相場(5/31時点) »