« May 2019 | Main | July 2019 »

June 30, 2019

今週の相場(6/28時点)

今週のDOWはマイナス0.4%、NASDAQはマイナス0.3%と米株指数は僅かに下げ。

日経平均も+17円と、G20での米中会談を控えて殆ど動けずでしたが、いわゆるファーウェイ銘柄には買戻しが入り、例えばTDKは先週より6%、アドバンテストは8%上がっています。

米長期金利は、2.05%→2.01%と、更に下がりました。

楽観の株式、悲観の債券と、両者の相場観が全く違うという指摘がありますが、何しろ「金あまり」なので、ジャンク債含めて何でも買うしかないとすれば説明が付きそうです。

CMEの金利先物市場では、7月の利下げ織り込みが100%という異常事態。

FRBパウエル議長は25日、「金融緩和の必然性は高まっているが、個別のデータや短期的な心理の振幅に過剰反応しないようにも注意している」と早期利下げ期待を若干牽制はしたものの、「予防的な利下げ(?)」を望む市場の声は消えないようです。

Continue reading "今週の相場(6/28時点)"

| | Comments (0)

June 16, 2019

今週の相場(6/14時点)

今週のDOWは+0.4%、NASDAQは+0.7%、日経平均は+1.1%でした。

ただし東証の商いは薄く、SQだった金曜以外は売買代金2兆円割れです。

利下げ期待を背景に先週5%近く上昇したDOWは、利益確定売りをこなしながら、どうにか高い位置をキープしました。

ドル円は108円20銭→同50銭と安定。米利下げ観測によるドル売りはあるものの、それでも他に買う通貨がないという現実が交錯します。

米長期金利は2.08%で先週と変わらず。

2年物が1.84%と更に低いため、2年-10年の逆イールドは発生していませんが、FFレート2.25~2.50%と比べると、どちらかの歩み寄りが期待される状況です。

CMEの金利先物市場では12月が1.75%と、年内3回利下げして下さいと言い続けています。

原油(WTI)は、54→52.5$と下落。

イランを巡る情勢は、安倍首相の歴史的なイラン訪問→ホルムズ海峡でのタンカー襲撃→アメリカによるイラン犯人説→イランは否定、という経緯になっていますが、原油相場が沸騰しそうには見えません。

Continue reading "今週の相場(6/14時点)"

| | Comments (0)

June 09, 2019

今週の相場(6/7時点)

今週のDOWは+4.7%、NASDAQは+3.9%と大きく反発しましたが、日経平均は+1.4%と、相変わらず「しょぼい」パフォーマンスです。

DOWは先月の下げ幅およそ1800$の3分の2を一気に取り戻しました。

きっかけは4日火曜日、パウエルFRB議長が利下げを示唆した発言だと考えられていますが、実際には「いつもどおり(as always)適切に対処する」と言っただけ。

それでも相場が反発したのは、買い戻しの機会を皆が待っていたからだと思われ、いわば保険がかかったという思いが背中を押してくれたという理解になりそうです。

ドル円は、先週の108円30銭→同20銭と、一時107円台に突入したものの、相変わらず低ボラです。

5月の米雇用統計は総じて低調な結果でした。

雇用者増は7万5千人、失業率は3.6%で変わらず、賃金上昇率は2月以降、3.4%→3.2%→3.2%→3.1%と下降線です。

雇用者数が過去2ヵ月分で7.5万人の下方修正がされていることも含めると、さすがの米景気もピークアウトしたと判断することも出来そうな雰囲気になってきました。

長期金利は先週の2.12%から更に低下して2.08%。FF金利の2.37%を大きく下回っています。

CMEの金利先物市場では、12月ものが1.76%で取引されており、年内3回利下げが最多数(36%)という、過剰とも思える利下げ期待相場となっています。

Continue reading "今週の相場(6/7時点)"

| | Comments (0)

June 02, 2019

今週の相場(5/31時点)

今週のDOWは3%安、NASDAQは2.4%安、日経平均も2.4%安。

ドル円は109円30銭→108円30銭へと1円の円高。

日経平均は、もっと下がってもおかしくないセンチメントだと思いますが、先物ベースで20400円と、まだ2万円を維持。まずは節目の2万円を試さないことにはアク抜けしないように感じられます。

原油相場(WTI)もナーバスになり、景気後退による需要減を気にしているのか、今月になって64$から53$へと急落しました。

DOWは200日線を明確に割っていますし、年初を23000$スタートとすると、上げ幅の半分を失いました。「半値失いは全値失い」の格言(?)どおりになるでしょうか。

Dow053199

米中貿易戦争が長期化する中、不法移民のゲイトウェイとなっているメキシコにもトランプ砲がさく裂。5%の制裁関税が6月10日から適用され、10月までに段階的に25%に引き上げられると発表されています。

アメリカへの輸出を狙ってメキシコに進出した企業には売りが続出。全販売台数の10%以上をメキシコ工場に依存するマツダは1日で7%も下げました。

米中に比べれば、メキシコからの不法移民問題は解決の可能性が高いと見られてはいるものの、先行きは予想できず、相場は更なる視界不良となっています。

Continue reading "今週の相場(5/31時点)"

| | Comments (0)

« May 2019 | Main | July 2019 »