« 今週の相場(7/19時点) | Main | 今週の相場(8/2時点) »

July 28, 2019

今週の相場(7/26時点)

今週のDOWは+0.1%、NASDAQは最高値を更新して+2.3%、日経平均は+0.9%。

ドル円は、先週の107円70銭台から1円ほど上がって108円70銭近辺。

欧州中央銀行(ECB)は25日、ユーロ圏経済を支えるための金融緩和を夏季休暇後に拡大すると強く示唆したと報道されており、基本的にはユーロはドルに勝ちにくい環境かと思われます。

来週のFOMCでは利下げが確実視されており、相場は崩れないという楽観気分が支配的で、米中貿易戦争も日本の韓国への輸出手続き見直しも何のそのと、半導体指数は今週だけで4.5%も上がり、NASDAQを牽引。

好決算のグーグル(アルファベット)は26日に10%上昇して約8兆円もの新たな資産価値を生み出し、一瞬にしてゴールドマンサックスが一つ増えた、と話題になりました。

日本でもアドバンテストが1日で20%上昇するなど、あまり見ないような集中買い現象が発生し、景気後退予防のために利下げするという現実の経済環境と乖離したお花畑相場が一部で発生しているのではないかとも懸念されます。

FOMCの結果がどうあれ、政府とFRBが何とかしてくれるというこの他力本願相場が崩れない限りは、買って勝負だというトレーダーが多数派の相場が続くように思われますが、相場の変化は一瞬に訪れるので、慎重に観察し続けるしかなさそうです。

善悪はともかく、相場を一瞬で変える力を持つのはトランプのtwitterです。

今のところ、FRBのハト派変身によって株価は堅調ですが、仮に株式相場が崩れた時には、トランプ砲がドル安宣言をぶっ放してくれる、という観測が今の米国株相場をサポートしているのかもしれません。

政治の風景としては、日本の参院選でまた与党が勝利。具体的な争点は皆無に等しく、現在の安倍政権への信認がなされた格好です。

メディアがいくら現政権のあら探しをしようとも、国民はより悪いものを外していくという当たり前の選択をし続けていくことが、またまたまた確認されました。

トランプ大統領は、「よくぞ言ってくれた」という良い点と、「いくら何でもそれは言っちゃいかんだろう」という悪い点が混在していて対応が極めて難しいので、もうしばらくは世界でも指折りの「猛獣使い」に日本の舵取りを任せようという判断でもありそうです。

|

« 今週の相場(7/19時点) | Main | 今週の相場(8/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(7/19時点) | Main | 今週の相場(8/2時点) »