« 今週の相場(8/9時点) | Main | 今週の相場(8/30時点) »

August 18, 2019

今週の相場(8/16時点)

今週のDOWは1.5%安、NASDAQは0.8%安、日経平均も1.3%安でした。

ドル円は先週の105円70銭→106円30銭と円安方向ですが、全般風景は「ドル高円高」気味で、ユーロ円が円高方向でもあったため、為替は日本株への支援材料にならなかったようです。

金(GOLD)は本来ドル高局面では上がりにくいのですが、先週の1508$→1523$と上昇。依然として相場への不安感は強そうです。

一方、ビットコインは120万円から一時は100万円へと急降下。まだまだ避難場所には成り得ず、トランプ同様に予測不可能な動きです。

米長期金利は1.74%→1.55%と大きく低下。世界中で低金利化が進み、ドイツ10年国債は、年初に0.2%程度の金利がありましたが、3月に水面下に沈み始め、現在はマイナス0.7%。

中央銀行が債券を高買いすることで、本来は生じないはずのマイナス金利が発生し、今はそれが常態化。デンマークでは金利をもらえる住宅ローンが数年前から登場しています。

「米国債利回りがゼロ以下になるのを妨げるものは何もない」というグリーンスパンの発言で、まるで債券買いにお墨付きが与えられたかのように振舞った人たちがいたのかもしれませんが、不自然なマイナス金利を前提とした今の債券相場は、実は株とは比較にならないほどの官製バブルなのかもしれません。

2年前、アルゼンチン100年債が7%台の「低金利」で売れたことが驚きをもって報じられましたが、そうした官製でない(?)バブルの是正は既に始まっています。

今週は火曜日に、米国による中国への第四弾関税の一部が延期されるとの報道で、13日のDOWは383$反発しましたが、翌日は800$下げるという倍返しとなり、極めて不安定です。

14日の大幅下落は、2年と10年の逆イールド発生がトリガーとされていますが、逆イールド後の株価について決まった法則がある訳ではなく、これに投資家が怯えたこと自体、現在の相場への潜在的な懐疑が存在することの表れかと思います。

現在のDOWのチャートを見ると、200日線を維持しているので、本格的な調整は避けられそうだという心理が勝っているようですが、中国・欧州等の景気が下降線にあることは間違いない事実かと思われます。

Dow0816596

CMEの金利先物市場では、年末が1.51%と、現状よりも0.62%低く取引されており、少なくとも2回は利下げしてくれるだろうと期待しています。

確かに、FRBはまだ金利を下げる余地がありますし、その先にはQE4だってあるかもしれませんが、そうした支援材料は、株価が堅調なら出し渋りされるでしょうし、株価が大きく下げれば可能性が大きく高まると考えられます。

株式相場の現状は、上昇力は限定的であるものの、下げた場合には当局からの強い支援が得られる可能性が非常に高いということになるでしょうか。

引き続き、ポジションは重くせず、観察主体で行きたいと思います。

|

« 今週の相場(8/9時点) | Main | 今週の相場(8/30時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(8/9時点) | Main | 今週の相場(8/30時点) »