« August 2019 | Main | October 2019 »

September 29, 2019

今週の相場(9/27時点)

今週の株式は弱く、DOWは0.4%、NASDAQは2.2%、日経平均は1%、いずれも下げました。ドル円は、107円50銭→同90銭と堅調でしたが、108円の壁(?)に近づいています。

NY時間の金曜日、「米政権が中国への証券投資の制限を検討」との報道でアリババのADRが5%以上も下げるなど中国関連全般から資金が引き、また半導体のマイクロンは業績見通しが嫌気されて11%下げました。

マイクロン株の反発は6月の33$から始まっており、そこから42$辺りまでの反発はまあ妥当かと思われましたが、勢いあまって50$まで買い上げたのが調子に乗りすぎで、その分が剥落しました。

これに代表されるように、市場には「あぶく」の部分が一定程度乗っている状態かと思われます。

日本株は比較的「あぶく」の部分が少なく、依然としてバリュー投資の対象とは思われるものの、為替や中国景気への依存度が高いため、フラジャイルです。

米国長期金利は1.72%→1.68%と、株安でリスクオフ方向ですが、2年が1.63%なので、逆イールドではありません。

Continue reading "今週の相場(9/27時点)"

| | Comments (0)

September 22, 2019

今週の相場(9/20時点)

今週のDOWは1%の下げ、NASDAQも0.7%の下げ、日経平均は+0.4%。

ドル円は108円→107円50銭と、やや円高方向ですが、全般に小動きの週でした。

米長期金利は1.89%→1.72%と、再び債券へ資金が戻るリスクオフ方向。

注目されたFOMCはほぼ予想どおりで、FF金利は0.25%下がって1.75~2.00%。

金利据え置きを主張した委員が二人もいては、パウエルもハト派にはなりきれず、今後については様子見の姿勢発言。

結局のところ、まあ常識的にはこうだろうなあという結果で、市場は特段の反応ができませんでした。

日経平均は、全体のバリュー株指向もあり、為替に動揺が無ければ大きな売りが出ないという状況に見えます。

週末金曜には、米国を訪れている中国代表団が予定を早めて帰国するという報道があり、投資家心理を冷やしました。

金利という最大のファクターが失われつつある世界では材料難のため、米中貿易協議の動向に右往左往といったところです。

Continue reading "今週の相場(9/20時点)"

| | Comments (0)

September 15, 2019

今週の相場(9/13時点)

今週のDOWは+1.6%、NASDAQは+0.9%、日経平均は+3.2%(+789円)。

ドル円は106円90銭→108円10銭と、為替の力も借りて日経平均は9連騰です。

米中貿易戦争に緊張緩和のサインが見られ、中国はアメリカの大豆を買うと公表し、米政権からは最強硬派のボルトンが去りました。

外部環境に最も脆弱と言われる日本株は、逆もまた真なりでしょうし、中国ネタには敏感です。

米長期金利は1.56%→1.90%と大きく上昇。あまりに買いすぎた債券の量に、投資家はゲップを起こし、一部を吐き出しました。ちょうど8月初めの水準ですので、1か月かけた債券価格の上昇が2週間で消えました。

CMEの金利先物市場では、9月の利下げ予測が、先週の90%→78%まで低下。2割の人が、金利据え置きかもしれないと思い始めたのは大きな変化で、ある意味で「普通」になってきたと評価できそうです。

8月の米CPIコアは2.4%の上昇と、1年ぶりの大幅な伸びとなっており、物価と株価を見ているだけなら利下げ不要。

トランプがマイナス金利さえ要求する中で、FRBがどの程度抵抗するのかが注目です。

Continue reading "今週の相場(9/13時点)"

| | Comments (0)

September 08, 2019

今週の相場(9/6時点)

今週のDOWは+1.5%、NASDAQは+1.8%、日経平均は+2.4%。

ドル円は106円30銭→106円90銭とやや円安。

珍しく日経平均の上昇率がNYを上回っているのは、今週の株価上昇がファンダメンタルの改善に基づくリスクオンというよりは、過剰なリスクオフの修正とでも言った様相だったため、悲観論の強い方がより反発したということでしょうか。

DOWのチャートは1か月ほど続いたレンジから抜け出しました。

Dow09077

外部環境の実態はさほど変わっていません。

明るい要素として指摘されている米中貿易交渉再開は、10月1日の国慶節に向けたリップサービス的な面が強く感じられ、そもそも米中覇権争いには当分終わりがありません。

香港では「逃亡犯条例」が公式に廃止宣言されましたが、これは民主化勢力が要求する5つの要求の一つにすぎませんし、全てを香港警察に丸投げした当局側との溝は深く、落としどころが見えない中で衝突は続いています。

英国では、10月離脱に拘る首相と、合意なき離脱を避けたい議会が対立し、更に混迷は深まっています。離脱した際の北アイルランドの国境管理という最大の懸念は置き去りにされ、選挙や離脱時期の延長の有無という政治的争点だけが表面化しています。

Continue reading "今週の相場(9/6時点)"

| | Comments (0)

September 01, 2019

今週の相場(8/30時点)

今週のDOWは+3%、NASDAQは+2.7%と持ち直しが見られたものの、日経平均は僅か7円安と変わらず。

ドル円は、105円40銭台から106円30銭と1円ほど円安ですが、日本株へのインパクトは感じられませんでした。

DOWのチャート。

Dow0901 

この1か月間は二つの移動平均線に挟まれた動きとなっており、下げ過ぎれば米政権からの支援が期待できるものの、自力上昇エンジンについてはまだ懐疑的という感じがします。

米長期金利。

Us10yinee120901

先週の1.53%→1.49%と債券への逃避が継続。

2年と10年は、1.50%で同じ。逆イールド状態なら株が下げるとは決まってはいないものの、歓迎すべき金利状況でないことは自明です。

Continue reading "今週の相場(8/30時点)"

| | Comments (0)

« August 2019 | Main | October 2019 »