« 今週の相場(9/6時点) | Main | 今週の相場(9/20時点) »

September 15, 2019

今週の相場(9/13時点)

今週のDOWは+1.6%、NASDAQは+0.9%、日経平均は+3.2%(+789円)。

ドル円は106円90銭→108円10銭と、為替の力も借りて日経平均は9連騰です。

米中貿易戦争に緊張緩和のサインが見られ、中国はアメリカの大豆を買うと公表し、米政権からは最強硬派のボルトンが去りました。

外部環境に最も脆弱と言われる日本株は、逆もまた真なりでしょうし、中国ネタには敏感です。

米長期金利は1.56%→1.90%と大きく上昇。あまりに買いすぎた債券の量に、投資家はゲップを起こし、一部を吐き出しました。ちょうど8月初めの水準ですので、1か月かけた債券価格の上昇が2週間で消えました。

CMEの金利先物市場では、9月の利下げ予測が、先週の90%→78%まで低下。2割の人が、金利据え置きかもしれないと思い始めたのは大きな変化で、ある意味で「普通」になってきたと評価できそうです。

8月の米CPIコアは2.4%の上昇と、1年ぶりの大幅な伸びとなっており、物価と株価を見ているだけなら利下げ不要。

トランプがマイナス金利さえ要求する中で、FRBがどの程度抵抗するのかが注目です。

ECBはドラギ最後の咆哮。マイナス金利を0.4%から0.5%へと深堀り、量的緩和再開と吠えましたが、ユーロはむしろ上昇。

独・仏・オランダの中銀総裁はQEに反対したと報道されており、円高が進まなかったことは、これ以上の策がない日銀に朗報となっています。

マイナス金利は、銀行に対して積極的な融資を促しますが、金融機関のコストは手数料等で預金者に転嫁され、無理やり借りた者が得をするという不自然な仕組み。

結局のところ、通貨安にしたいがためにやっていることがバレバレですが、その為替効果さえ限定的となり、市場からは見透かされているとも言えそうです。

マネーを増やせば物価が上がると思いがちですが、効率の悪い企業を生き残らせて社会全体の生産性を停滞させるとも考えられますし、債務バブルを悪化させる点も含めて、デメリットが大きそうです。

先週から今週にかけての相場は、米中緊張緩和による悲観ポジションの巻き戻しが、最も売り圧力の強かった日本株に最大の恩恵を与えたような構図かと思われます。

ただし、日本株最大の特徴は持続的上昇ではなく、ハイボラですから、反動の下げにも注意が必要かと思われます。

米国経済は消費堅調ですが、ISM製造業指数は50を割り込んでおり、ドル高も重しです。しかし、逆に言えば通貨安という切り札が温存されているということなので、仮に本格的なドル高調整局面に転換すると、円高が日本株を押し下げるストーリーが待っていそうです。

|

« 今週の相場(9/6時点) | Main | 今週の相場(9/20時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(9/6時点) | Main | 今週の相場(9/20時点) »