« 今週の相場(11/8時点) | Main | 今週の相場(11/22時点) »

November 17, 2019

今週の相場(11/15時点)

今週のDOWは+1.2%、NASDAQは+0.8%、日経平均はマイナス0.4%でした。

正に、割高の壁を登っていくような米国株の様子です。

ドル円は109円20銭→108円80銭へと若干の円高。為替相場は株式ほどは楽観せず、109円の壁を意識しているということでしょうか。

年初からの上昇ペースを確認してみると、DOWは+20%、NASDAQは+29%、日経平均は+16%。

日経平均の指数ベースPERは18.7倍まで上昇しており、警戒感も生じているように感じられますが、米国株とは成長に関する環境が違い過ぎる割には、良く付いていっている方かと思います。

米長期金利は1.94%→1.83%に低下。投資家は再び、債券も株も同時に買っているということになります。

FOMCは12月と来年1月に会合が予定されていますが、そこで利下げがあるだろうとの織り込みは13%程度と、さすがに減ってきました。

要するにFRBは、株が下がったら利下げするという伝統手法を一歩進化させ、株を上げるために利下げしたということです。

株式市場での最大のテーマは米中貿易協議と言われており、直近ではクドロー国家経済会議委員長の「取りまとめに近づいている」との発言が材料視されていると解説されているものの、株高の真犯人(?)はやはり過剰流動性だと感じられます。

いずれにせよ今の株式市場は、良いことがあれば一歩前進、悪いことがあれば半歩後退といった様相ですから、ファンダメンタル的には明らかに警戒すべきですが、モメンタムは明らかに上なので付いていくべし、という雰囲気です。

半歩以上の後退があるとすれば、香港情勢の変化かと思いますが、北京の忍耐が限度を超え、抗議活動が実力で収束させられる事態になれば、それは治安と香港経済の回復を意味するとも解されるので、大きな視野に立つと相場にプラスと見ることも出来ます。

但し、民主化運動を心情的に支援するアメリカは、米中協議を一旦は中止せざるを得ないでしょうから、その分はマイナスに働きます。

そのように考えると、香港情勢の先行きが民主派にとって最悪の結果になっても、相場にとって致命的なダメージにはならないと楽観的に考えられているのかもしれません。

|

« 今週の相場(11/8時点) | Main | 今週の相場(11/22時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(11/8時点) | Main | 今週の相場(11/22時点) »