« 今週の相場(1/17時点) | Main | 今週の相場(1/31時点) »

January 26, 2020

今週の相場(1/24時点)

今週のDOWは1.3%安、NASDAQは0.8%安、日経平均は0.9%安と、揃って下げました。

SARSに似た新型コロナウイルスによる肺炎が嫌気されたのは明らかです。

26日朝の段階での報道によれば、中国含め14か国で患者数が1400人超、死者50名超ですが、中国国内での実態は公表値の数倍に決まっており、SARSによる全期間全世界での患者数8千人規模を既に超えている可能性さえ想定されます。

人の移動のスピードと規模が2002年とは大きく違うことと中国の初動が遅れたことで、感染規模はSARSの10倍という声もありますが、感染力、致死率についてSARSを上回るという確認はされていません。

遅れを自覚した中国は矢継ぎ早に対策を進めており、火元の武漢周辺は町ごと隔離され、病院建設の突貫工事が始まり、海外への団体旅行は27日から禁止されます。

中国を褒める訳ではありませんが、決めたら早い中国と、決めるまでのプロセスさえハッキリしない日本は対照的です。

WHOは非常事態宣言を見送っていますが、主なデータが中国からのものでは判断がつかなかったとも見られ、今後世界中に感染が広がらない限り、より正確なデータが手に入らないという皮肉な世界に我々は住んでいます。

今回の件は、広い意味で中国リスクであり、野生動物の取引による危険性をはじめ、中国的なロースタンダードから発せられる悪性のものが、あっという間に我々のすぐ近くに及んでくるようになりました。

ワシントンタイムスは、武漢にある生物兵器研究所からのウイルス漏洩と言う可能性にも言及しています。

相場のネガティブ反応は当然ながら中国中心で、週間で上海総合指数は3.2%、香港ハンセン指数は3.8%下落し、景気動向に敏感な原油(WTI)も、7.5%下げました。

米長期金利は1.82%→1.68%と、債券への逃避が顕著です。

相場は長い目で見れば、SARS、MERS、エボラ熱などの危機を乗り越えてきており、今回も適度な冷やしで買い場だというお気楽な見方も可能ですが、楽観して失敗するよりは、悲観してチャンスを逃す方が長生きは出来ます。

個人的には、この長い長い上昇相場に出遅れて、あまり多くのポジションを持っていないので、特に売ってもいません。

習近平が憲法を改正して終身独裁宣言をしてからというもの、さげまんでも掴んだのかというように、米中貿易戦争、香港騒乱など相場にとってロクなことはないので、彼に退陣してもらうのが厄払いになりそうですが、どうせ同じような人間が後に来るというのが中国の運命であり、その影響下にあるというのが日本の宿命でもあります。

日本が今の政権を交代させたら、もっと酷いものがやってくるでしょう。

|

« 今週の相場(1/17時点) | Main | 今週の相場(1/31時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(1/17時点) | Main | 今週の相場(1/31時点) »