« March 2020 | Main | May 2020 »

April 26, 2020

今週の相場(4/24時点)

今週のDOWは2%安、NASDAQは0.2%安、日経平均は3.2%安と揃って下げました。

相場への冷や水となったのは、原油の代表的指標であるWTI先物のマイナス現象と思われます。

20日月曜日、決済期限を控えたWTI先物5月限の売りに対して買いが極端に薄く、一時はマイナス40$近辺での取引となりました。

もはや保管スペースが限界に近く、買って「現引き」するのが困難という事情と、ここを底値と見た原油ETFへの流入金額が多く、ロールオーバーのために期近を売る選択肢しかない投資家の足元を見られた結果とも言えそうです。

その後は、原油ETFやCFDが、通常より1か月先の指標参照に切り替えるなどの対策を取ったこともあって次第に取引は落ち着き、それに伴って株式市場も週初の下げ分を取り戻しつつ、DOWは週末にかけて3日続伸となりました。

ドル円は107円半ばで静かな動き。ドルはトルコリラやブラジルペソなどインフレ通貨に対して非常に強く、先進国通貨同士でも少し強め、の印象です。ドルは「新・安全資産」でもあり、株式市場も世界をリードするので、どうせどこも金利が無いのならドル持っておこう、になるのでしょうか。

米長期金利は、0.64%→0.61%と小動きでした。

Continue reading "今週の相場(4/24時点)"

| | Comments (0)

April 19, 2020

今週の相場(4/17時点)

今週のDOWは+2.2%、NASDAQは+6%、日経平均は+2%。

以前から注目されていたギリヤード社のレムデシビルが重症者に良好な結果を出したことや、トランプ政権の示した経済再開への道筋「Opening Up America Again」プランが、トンネルの先にぼんやりと明かりが見える状態を作り出し、相場は好感しました。ワクチン製造中のモデルナ社には、米政府が500憶円の支援を決めています。

ミシガン州などでは、厳しいロックダウンに民衆が反発し、外に出て働く選択肢を求めて車でデモを行っています。民主党知事への共和党支持者の圧力という党派性も指摘されるものの、一部の人々は、恐怖そのものを恐れる状態から徐々に脱却しつつあるようです。

中国広州のエルメスの店舗で1日に2億9千万円を売り上げる記録を作ったというトピックは、不要不急の需要ほど戻りも早いという事実を象徴しています。

米長期金利は0.73%→0.65%と、やや低下。それを受けたのか、ドル円は先週の108円40銭→107円60銭と、ややドル売りが優勢でした。

年初来の下げ幅を確認しておくと、DOWは15%、日経平均は16%とほぼ同じで、NASDAQは僅か4%。

アメリカ株式市場は基本的にテクノロジー信者の集まりであり、最新技術でウイルスに対抗し、次第に経済の正常化が進んで他の株価も出戻りするというシナリオで動いているものと思われます。

金曜日は、原油価格低迷にも関わらずエクソンが10%上昇。IT銘柄の戻りが早くて上値余地が少なくなっているので、出遅れの超絶売り叩かれ銘柄に投資家の目が向いてきた様子です。ボーイングの+15%も目立ちましたが、株価はまだ年初の半額です。

Continue reading "今週の相場(4/17時点)"

| | Comments (0)

April 11, 2020

今週の相場(4/10時点)

今週はキリストの復活を祝う聖金曜日のため、NY市場は木曜で終了。

DOWは+12.7%、NASDAQは+10.6%、日経平均は+9.4%と、大きく反発しました。

先週の引け方が弱かったので、期待の持てない週になるだろうと思っていましたが、月曜からムードが一変。日本では緊急事態宣言が確実となり、日経平均は+750円スタート。その晩のDOWが、欧米でのコロナ死者の減少傾向などを踏まえて出口への期待感からか1600$以上も上昇。

民主党大統領候補を争っていたサンダース議員が選挙戦からの撤退を発表したことも、社会主義的な政策実現の懸念後退で、株価を押し上げました。

さらには木曜日、FRBが一般企業にも間接融資する他、投資不適格格付けの債券も購入するという異例の措置を発表。

これを受けて米国市場では、ジャンク債が上がるならジャンク株も上がるだろうとでも言うように、最も売り叩かれた小売りや住宅建設会社、大手航空会社などが大反発するというやや筋悪な物色傾向も見られたので、私もそこに参加しました。

このFRBのドルばら撒き的な政策の影響もあり、為替市場ではドルが売られ、ドルインデックスは先週の100.6→99.4と低下。但し、ドル円は108円の居心地が良いのか、株高で円売りがあったのか、108円40銭近辺で小動きでした。

米長期金利は、先週の0.6%→0.73%と、こちらは株高債券安というセオリーに則ったような格好です。

Continue reading "今週の相場(4/10時点)"

| | Comments (0)

April 04, 2020

今週の相場(4/3時点)

今週のDOWは2.7%安、NASDAQは1.7%安、日経平均は8%安と、日本株を避ける動きが目立ちました。感染者増による都市封鎖の可能性が売り材料として利用されている状況かと思われます。

日本での新規感染者数は、先週の421名から今週は1192名と3倍増で、正にギリギリの中でのギリギリといった感じでしょうか。

相場的には、五輪延期がそうであったように、非常事態宣言を出してしまった方がスッキリはします。

年初からの下落率は、DOWが26%、NASDAQが18%、日経平均が25%と、一時日本が下げ渋っていたアドバンテージは見られなくなり、むしろ東京はオーバーシュート前夜ではないかという不安要素の方が前面に出てきました。

ドル円は先週の107円90銭→108円40銭台。ドルインデックスは98.5→100.7と、ドルが買われています。

米長期金利は0.67%→0.59%と、債券価格は上昇。

先週に大きく株価が上昇しただけに、今週はその揺り戻しによって資金は株から債券へ避難し、為替市場ではドルが買われる反動のリスクオフムードが支配的だったように見えます。 

米雇用状況は非常に悪く、新規失業給付申請件数はこの2週間で約1000万件、3月の雇用統計では雇用者数が70万人減少し、失業率は4.4%と前月から0.9ポイントも悪化。

雇用統計は3月12日が基準日とされており、比較的早い段階からレイオフ等が始まっていたという結果が示されましたが、そもそも今回の雇用喪失は人為的に作られた失業とも言え、だからこそ緊急の2兆ドル法案が成立されているので、特別に大きな驚きとはなっていません。

Continue reading "今週の相場(4/3時点)"

| | Comments (0)

« March 2020 | Main | May 2020 »