« 今週の相場(3/27時点) | Main | 今週の相場(4/10時点) »

April 04, 2020

今週の相場(4/3時点)

今週のDOWは2.7%安、NASDAQは1.7%安、日経平均は8%安と、日本株を避ける動きが目立ちました。感染者増による都市封鎖の可能性が売り材料として利用されている状況かと思われます。

日本での新規感染者数は、先週の421名から今週は1192名と3倍増で、正にギリギリの中でのギリギリといった感じでしょうか。

相場的には、五輪延期がそうであったように、非常事態宣言を出してしまった方がスッキリはします。

年初からの下落率は、DOWが26%、NASDAQが18%、日経平均が25%と、一時日本が下げ渋っていたアドバンテージは見られなくなり、むしろ東京はオーバーシュート前夜ではないかという不安要素の方が前面に出てきました。

ドル円は先週の107円90銭→108円40銭台。ドルインデックスは98.5→100.7と、ドルが買われています。

米長期金利は0.67%→0.59%と、債券価格は上昇。

先週に大きく株価が上昇しただけに、今週はその揺り戻しによって資金は株から債券へ避難し、為替市場ではドルが買われる反動のリスクオフムードが支配的だったように見えます。 

米雇用状況は非常に悪く、新規失業給付申請件数はこの2週間で約1000万件、3月の雇用統計では雇用者数が70万人減少し、失業率は4.4%と前月から0.9ポイントも悪化。

雇用統計は3月12日が基準日とされており、比較的早い段階からレイオフ等が始まっていたという結果が示されましたが、そもそも今回の雇用喪失は人為的に作られた失業とも言え、だからこそ緊急の2兆ドル法案が成立されているので、特別に大きな驚きとはなっていません。

原油に関してトランプ大統領が動きました。

4月1日にシェールオイルの中堅ホワイティング・ペトロリアムが経営破綻したこともあるのか、トランプ大統領がサウジとロシアを仲介して減産を促し、サウジがOPECプラスに対して緊急会合の開催を要請したと報道されています。

サウジの方が、より高い原油価格を前提とした国家予算を組んでいるので、我慢大会ならロシアの方が上と考えるプーチンは強気で、サウジが原油安の責任を取れと息巻いているようです。果たして穏便に減産合意が成されるのか、週明けの協議によっては、また市場が揺れそうです。

WTIは、先週の22$台から28.9$と大ジャンプしましたが、株価全体への波及効果は限定的であり、エクソン株も週間では8%ほど上昇したものの、金曜日は全体の株安に押されて3%ほど下落です。

世界全体での感染者数は、現在109万人。今週だけで+50万人と、1週間で倍増するようなハイペースとなっており、いまだにウイルスの感染力が落ちているように見えないことが最大の株価の重しです。

なお良い面を探すと、株式市場での1日の値幅が狭くなってきており、それを反映してかVIX指数は先週の65から47まで下がりました。無論、まだまだ高水準です。

市場のパニック心理は改善して少し落ち着いたものの、逆に言えば早期のV字回復期待も薄れ、長期低迷という安定のステージ(?)に気分は移行したと見ることも可能かと思います。

個人的には、リバウンド継続が難しいと感じたため、耐久力を向上させるような観点で銘柄整理を行い、現金比率も上げました。

なお、個別のトピックとしては、中国のスタバと呼ばれて囃された「ラッキンコーヒー(ティッカー:LK)」が、300億円もの売上過大計上疑惑によって、株価が今週8割も下げました。

我々は、中国発の嘘で溢れた世界に住んでいるので、何よりも正しい情報を選別する能力が求められています。

 

|

« 今週の相場(3/27時点) | Main | 今週の相場(4/10時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(3/27時点) | Main | 今週の相場(4/10時点) »