« 今週の相場(5/15時点) | Main | 今週の相場(5/29時点) »

May 24, 2020

今週の相場(5/22時点)

今週のDOWは、+3.3%、NASDAQは+3.4%、日経平均は+1.8%。

ドル円は安定の107円台、米長期金利も安定の0.6%台でした。ドル円に関しては、今後も大きくは変動しないだろうという観測が大勢です。

DOWは、週毎に強気と弱気が交錯するものの、じりじりと不安の壁をよじ登っており、NASDAQは既に年初来で+4%と、2月の最高値9817まで、あと5%という位置まで上がっており、既にバブル相場入りだとの声も随所から聞こえてきます。

ちなみにWSJによれば、DOWのPERが20倍に対し、NASDAQは29倍ですが、相場が上昇している以上は付いて行くしかないところです。日経平均のPERは、16.7倍(日経新聞)です。

1ヶ月前、WTI先物相場は期近がマイナスとなって市場にショックを与えましたが、今回は無風でした。サウジの減産、米国でのガソリン需要増加などで、過度な悲観は後退した様子です。

相場の上昇エンジンは経済再開。ワクチンレースに関しては、先行しているモデルナに加えて、オックスフォード=アストラゼネカ連合、J&J=エマージェンシー連合、バイオンテック=ファイザー連合などが鎬を削っており、感染研究所のファウチ所長は、12月までのワクチン開発は可能だとの見解を崩していません。

とはいえ、ワクチンは必ず出来るとは限りませんので、治験が進めば進むほど、悲観的なニュースが出てくる可能性は高まり、その都度それなりのショックが相場を調整させるリスクには注意を要すると思われます。

また、ワクチン全滅の可能性も当然ありますので、その場合の相場への衝撃は、ちょっと計りかねるところです。

ワクチン全滅以外の相場のリスクとしては、経済再開による感染再拡大で、特にややフライング気味に自粛解除を進めているアメリカの動向が鍵になるかと思われますが、下図のとおり、ギリギリの印象です。

Usakannse4

また、ロシアとブラジルで感染者数が急増していますが、単位人口当たりの死者数は、例えばイギリスと比べて、それぞれ25分の1、5分の1であり、BCG仮説が有効の可能性があります。

もう一つ市場が気にしているリスクは米中関係で、そもそもファーウェイ問題があり、ウイルス起源問題があり、更には全人代で香港の治安問題が取り上げられたことで、米中の罵り合いが活発になっているものの、互いに遠くから吠えているだけで、本格的な殴り合いの覚悟があるかというと疑問です。

既に香港は中国の一部であり、香港民主化は内政問題ですから、各国が干渉できる範囲は限られています。もし私が香港関連に投資しているとしたら、即刻すべて回収します。

歴史的に見て、中国の中で香港だけが英国的制度を今後も維持することの正当性を主張することは難しく、むしろ中国共産党に団結して圧力をかけ、内部からの民主的な改革を支援することしかないだろうと思われます。

実権が、習近平から李克強に替わるだけで、ずいぶんと違うことになるはずです。

|

« 今週の相場(5/15時点) | Main | 今週の相場(5/29時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(5/15時点) | Main | 今週の相場(5/29時点) »