« 今週の相場(6/19時点) | Main | 今週の相場(7/3時点) »

June 28, 2020

今週の相場(6/26時点)

今週のDOWは3.3%安、NASDAQは1.9%安、日経平均は+0.1%。

ドル円は106円80銭→107円20銭と僅かながら円安。

米長期金利は、0.69%→0.64%へと、更に債券への逃避が進みました。

この4週間のDOWは、楽観→反省→楽観→反省という行ったり来たりの心理状態となり、結局は1ヶ月前とほぼ変わらない位置にあります。特に今週は、NY以外の大都市圏であるテキサスやフロリダなど南西部で感染者数が増え続け、経済活動への規制が再度強まることが一番の懸念材料であったかと感じられます。

ざっくり言って全米ベースでの感染者数は、4月に1日あたり3万人だったのが5月後半に2万人となり、十分に下がりきっていない段階で、経済再開の動きと黒人差別を巡る抗議運動もあって活動レベルが大きく上がったため、今は4万人ペースというプロセスになっています。

株式市場としては、このまま経済活動が回復していくというシナリオが崩れかけているので、当然今週は反省モードになりました。

また、FRBが金融機関のストレステストを行い、米国の主要銀行に対し、少なくとも9月まで増配や自社株買い再開の禁止を指示したことも金融株の重しとなりました。

NASDAQに関しては、感染の拡大に抵抗力があると考えられていることもあり、DOWがこの1ヶ月でほぼ横ばいに対し、5%ほど上昇ですが、新高値をつけた23日の10131ポイントからは4%下落です。

なお、2週前にも書きましたが、基本的にDOW連動の日経平均が本家よりも下げ渋る傾向が顕著になっています。リスクオフ気分が強い時期には、成長よりも下値の堅さが優先されることや、圧倒的に軽微な感染状況が評価されている可能性が感じられます。

また、株安でドルが安全通貨となると、ドル円が円高になりにくいことも日本の株価を支えてくれているのかもしれません。

日経平均の値をDOWの数値で単純に割った割合は、3週間前は84%でしたが、現在は89~90%です。

Dow06288 

DOWのチャートを見ると50日線までの調整ですから、今のところ悲観しているというよりは、楽観の修正とも言えそうです。

アメリカでの感染再拡大は当然ながら良いニュースとは言えませんが、世界中で感染が収束してしまえばワクチンの治験が出来なくなりますし、株価が元に戻っていないからこそ投資チャンスが残っているという見方もあります。

DOWに近い動きをしている銘柄に関しては、景気のV字回復観測が後退してセンチメントがやや弱気に傾いたからこそ、エントリーを検討すべきだろうという考え方もあります。

NASDAQに関しては戻りが早すぎて、ここからのエントリーはリスクの方が大きそうだという見方がある反面、新たに1万ポイントという新値を付けた以上、小休止後に更なる上昇局面が来るなら、その主役はここまでの上昇を牽引した人気銘柄だろうという考え方もあります。今までひたすらアマゾンを持ち続けていた、というようなスタイルです。

現在だと、ズーム、ドキュサイン、クラウドストライクなどなどといった銘柄群です。

相場は、いかなる相場観も、投資スタイルも、全て飲み込んでくれます。

 

|

« 今週の相場(6/19時点) | Main | 今週の相場(7/3時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(6/19時点) | Main | 今週の相場(7/3時点) »