« 今週の相場(6/26時点) | Main | 今週の相場(7/10時点) »

July 05, 2020

今週の相場(7/3時点)

今週のDOWは+3.2%、NASDAQは+4.6%、日経平均は+1.4%。先週まで日経平均の優位性がやや際立っていたので、リバランスされたような印象です。NASDAQは10207ポイントで新高値更新です。

全米不動産業者協会が発表した5月の仮契約住宅販売指数が前月比で44.3%上昇(予想は15%)、コンファレンスボードの消費者信頼感指数も98.1(予想91.1)など、良いニュースがありました。

ドル円は107円50銭近辺で変化なし、米長期金利も0.66%辺りで動かずと、株以外は「何も変わってないじゃん」の反応です。

アメリカ独立記念日を控え、木曜日に雇用統計が発表されました。

非農業部門の雇用者数は前月比480万人増と市場予想の300万人増を上回り、5月分も251万人→270万人へと上方修正。失業率も11.1%と前月の13.3%から低下。アメリカの雇用は流動的で、出るのも早いが戻るのも早いということが改めて認識されましたが、一方で、だったら感染者数が再拡大して1日に5万人を超える今の状況だと来月は悪いのではという懸念も生じ、市場の好反応も限定的だったようにも見えました。

ワクチン開発に関しては、ファイザーとバイオンテックのコンビから、24人の健康な被験者を対象に2種類の用量の試験を実施した結果、28日後に通常以上の抗体が確認されたというポジティブな途中経過が発表されました。

ただし今週の株価は、ファイザーが+7.7%、バイオンテックが+1.8%と、比較的冷静な反応でした。ワクチンや治療薬のニュースで相場全体が上下に揺れた頃と比べると落ち着きが感じられ、既に一定の織り込みがされているのかもしれません。

総じて、金曜の市場が休場であることと、全米感染者数の拡大傾向が好材料を打ち消すような地合いでしたが、それでもNASDAQはひたすら上を目指すというのが相場の新常態のようです。

なお、VIX指数は先週の34→28と平常時レベルに近づきつつあり、相場が大揺れする可能性は少なくなっているようにも見えます。

現実経済では、最も回復が遅いと思われるのがトラベル関係ですが、航空機のボーイングが6.3%、デルタが+3%。ホテル系では、ヒルトンが+4.7%、マリオットが+8.4%と、意外にしっかりしていました。

不要不急の代表である旅行需要も、いつかは元に戻ると考えるなら、今安いものほど期待利益が大きいはずだというのは誰もが考え付くストーリーですので、感染再拡大も何のそのということでしょうか。

また、急増する感染者数に比べると、全米での死者数のグラフは明確な右肩上がりとまではなっておらず、これが相場が崩れない一つの要因かもしれません。

但し、当然ながら感染と死者数にはタイムラグがあるので、要注意ではあります。

Coronadeath33

|

« 今週の相場(6/26時点) | Main | 今週の相場(7/10時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(6/26時点) | Main | 今週の相場(7/10時点) »