« 今週の相場(7/17時点) | Main | 今週の相場(7/31時点) »

July 26, 2020

今週の相場(7/24時点)

今週のDOWは0.8%安、NASDAQは1.3%安、日経平均は+0.2%ですが、日本は木金が休みだったので、CFDだと1.4%安。総じて反省の週でしたので、大きく買われたテスラや半導体、バイオ系銘柄などが利確ムードに押されて売り込まれました。

米長期金利は、0.64%→0.59%とリスクオフ。それに連れてかドル安が進み、ドル円は一時105円台があり、先週から1円ほど円高になって106円10銭台。ユーロは対ドルで、1.156→1.165と1%ほど上昇です。

米国の実質長期金利がマイナス0.9%と過去最低の水準に低下したとの報道もあり、ドルインデックスはテクニカル的な節目を割って下落しているとの見方も出てきています。

Dxy07266

ドル安の半面、ドルの通信簿と言われる金と銀が大きく上昇し、それぞれ週間で+5%、+16%と買い進まれました。

欧州では、長年の懸案であったEU共同債構想が結実し、コロナ被害からの復興共同債92兆円の発行が合意されました。日米欧が揃って大量の財政出動に踏み切ることは、通貨発行量の増加によって更なる資産価格の上昇心理を後押しするかもしれません。

23日発表されたアメリカの新規失業保険申請件数は、前週比10万9000件増の142万件となり、3月の底入れ以降では初めて上昇。感染再拡大→店舗の再閉鎖→再レイオフが連想されて、投資家心理を冷やしましたが、VIX指数もFear & Greed Index も殆ど変わっておらず、株式市場がどれだけ真剣に反省しているのかは疑問です。

貿易不均衡の是正交渉から始まった米中の対決はイデオロギー的な対決へとヒートアップ。互いにヒューストンと成都の領事館を閉鎖し合うという真剣勝負となっており、アメリカはいわゆるファイブアイズ中心に中国包囲網の構築を目指しています。

武漢発の新型コロナウイルスがアメリカで猛威を振るう中、対中強硬路線は、今や民主党も反対しないアメリカの国是(?)となっています。劣勢を伝えられるトランプが大統領選で逆転できるとすれば、不完全でも良いからワクチン成功、そして中国の増長は8年間のオバマ政権の失策という印象を与えることが必要かと思われます。

新型コロナに関しては、アメリカ、ブラジル、インドを中心に感染者の拡大が見られると同時に、日本やカナダなど比較的注意深いと思われる国々でも若年層を中心に再度感染拡大の傾向が見られます。

但し、概ね共通して重症化率は下がっているため、感染者数を見れば状況は悪化、重症化率・死者数を見れば状況は好転(あるいは変化なし)という認識となり、いわゆるコロナ脳と「ただの風邪」というボルソナロ理論との間で世界は揺れ動いています。

世界全体の感染者数と死者数は下図のとおりで、この100日間に感染者数は1日6万人から28万人へと増加しましたが、死者はずっと6000人程度です。

Worinfgdeaaf 

 

 

 

 

 

|

« 今週の相場(7/17時点) | Main | 今週の相場(7/31時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(7/17時点) | Main | 今週の相場(7/31時点) »