« July 2020 | Main | September 2020 »

August 30, 2020

今週の相場(8/28時点)

今週のDOWは+2.6%、NASDAQは+3.4%、日経平均は0.2%安。相変わらずNASDAQ強し。

米長期金利は0.64%→0.72%へ上昇したものの、ドルインデックスは93.2→92.3とドル安方向で、ドル円も105円80銭→105円30銭とドル安円高方向でした。

VIXは22.5→23とやや上昇し、Fear & Greed Indexは70→78と大きく強気に振れました。

今週は恒例のFRB議長によるジャクソンホール講演がオンラインで行われましたが、パウエル議長はインフレ容認姿勢を強め、2%の目標に達成してもすぐに利上げは行わないとの長期的なコミットメントを示しました。要するに、当分FFレート引き上げによる引き締めはありません。

株式市場は素直に歓迎し、期待インフレ率が上がって長期金利は上昇。為替はどっちに行くのか迷うところでしたがドル安で反応したため、コモディティ市場は総じてプラスになり、金・銀は前週比1~3%ほど上がっています。

全米での新型コロナ感染状況は悪いなりに安定といったところなので、ワクチン期待も織り込んで相場心理は更に強気になって物色が広がり、コロナ被害業種代表のトラベル銘柄にも資金が入っています。クルーズ船のカーニバルが週間で+17%、マリオットホテルが+10%、デルタ航空が+16%でした。

旅行やエンタメ業界の銘柄はいまだ低水準ですから、本格的に戻り出すなら大きな利益率が期待できますが、この業界の現実はいまだ厳しく、そのギャップが株価上昇への課題に見えます。

Continue reading "今週の相場(8/28時点)"

| | Comments (0)

August 23, 2020

今週の相場(8/21時点)

今週のDOWは変化が1$以下で変わらず、NASDAQは+2.7%。日経平均は1.6%安と先週の反動安。

米長期金利は0.7%→0.64%と低下し、ドル円は106円60銭→105円80銭と若干の円高方向でした。

ドルインデックスは93近辺でほぼ変わらず、VIX指数は22→22.5と僅かに上昇し、Fear & Greed Indexは72→70とやや後退。

バブル的な上昇を見せるNASDAQを除けば、買い意欲も踊り場というムードになっています。

金価格も2週間前に2000$を超えてからは小休止となって1947$。ドル安盆踊りが再開されるのかどうか見守り中です。

本家のゴールドの勢いがひとまず止まったためか、ビットコインは130万円から10万円ほど落下しました。

全体の勢いが止まる中、エヌビディア+10%、アップル8%高、テスラ24%高など買える銘柄への資金集中が見られるのは、却って手詰まり感を象徴しているのかもしれません。

フェイスブック、アマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグルを持っていた場合の今年のリターンは+35%ですが、この5銘柄を除くと、S&P500の今年の成績は、+2%からマイナス5%になると報道されています。

追加経済対策が議会で止まっているため、FRBのバランスシート拡大が一服していることも、ドル安を前提に全ての資産に資金が廻るという投機的な心理に歯止めをかけています。

もっと感染状況が悪化した方がFRBが追加的な緩和策に乗り出して相場が浮足立つのかもしれませんが、多くの国で、感染者か死者のどちらかはピークアウトしています。

Continue reading "今週の相場(8/21時点)"

| | Comments (0)

August 16, 2020

今週の相場(8/14時点)

今週のDOWは+1.8%、NASDAQは+0.1%、日経平均は+4.3%。

米長期金利は0.56%→0.7%と上昇し、ドル円は105円90銭→106円60銭と若干ですが円安方向、。

割高のNASDAQよりもDOWを選考する動きが継続し、やや円安に振れたことやワクチン開発進展ニュースの後押しもあって、出遅れ気味の日経平均が比較的大きな上昇でした。

VIX指数もFear & Greed Indexも先週と変わらない水準で、投資家の強気度も足踏みと言った感じですので、グロースよりもバリューを買う心理の方が勝っていそうです。

7月に期限切れとなったアメリカの経済対策法案の続編が、協議時間切れで議会が夏休みとなったとの報道も市場のムードを冷やしました。

今週最大のニュースは、イスラエルとUAEの国交樹立です。

そもそも中東の不安定さは、4回の中東戦争が象徴するように、パレスチナの土地を巡るユダヤとアラブの争いであり、戦力に勝るイスラエルはヨルダン川西岸地区へ実効支配地域を広げました。

1993年のオスロ合意以降もヨルダン川西岸地区へのイスラエル人の入植は続き、アラブ諸国の中でイスラエルと国交があるのはエジプトとヨルダンだけという状態が続いていました。

Continue reading "今週の相場(8/14時点)"

| | Comments (0)

August 09, 2020

今週の相場(8/7時点)

今週のDOWは+3.8%、NASDAQは+2.5%、日経平均は+2.9%。DOWは6月の高値27570$まであと100$余りに迫っていますが、日経平均は同様の23000円に対してまだ700円ほどの距離があります。

米長期金利は0.57%と、先週の0.53%よりは上昇。

VIX指数は24→22、Fear & Greed Indexは65→72と、これで見る限り、投資家は株価上昇への自信を深めています。

ドルインデックスは93.3近辺で先週とほぼ同じ。さしものドル急落も一休みなのか、ドル円は105円90銭で変わらず。

金、銀はそれぞれ週間で+3%、+17%と、加速が付いて急には止まれない様子です。

7月米雇用統計は、雇用者数が176万人増と予想の148万人増を上回ったものの、前月の479万人増からは鈍化。

ざっくり言うと、3-4月に2200万人が職を失って5-7月に920万人が職を得たということになり、楽観的に見れば短期間に4割以上が復帰できたとなり、悲観的に見れば2月からは1300万人も減った状態となります。

なお、失業特別加算制度が7月で切れたにも拘らず、追加経済対策を巡って共和民主両党の協議がいまだ纏まらないことは、市場の心理的な重しとなっているように思われましたが、週末になってトランプ大統領が議会の頭越しに大統領令で失業給付を含む対策を公表しました。

トランプ氏は、議会の予算権限を踏みにじるトンドモ大統領なのか、国民を救う白馬の騎士なのか。訴訟になる可能性もあります。

Continue reading "今週の相場(8/7時点)"

| | Comments (0)

August 02, 2020

今週の相場(7/31時点)

今週のDOWは0.2%安、NASDAQは3.7%高、日経平均は4.6%安。一時は感染抑制状況がアメリカに優り、米国株よりも底堅さを見せた日本株は本来の脆弱性を発揮し、惨憺たる結果となりました。

東証では全33業種が下落し、期待の半導体関連でも金曜日のアドテストがS安となるなど、業績不振、感染再拡大、円高進行の三重苦で、買い材料皆無の状況と言えそうです。

ドル円は、先週の連休前22日の107円10銭→105円90銭。一時は104円10銭と、3円もの円高でした。

米長期金利が、0.58%→0.53%と低下したこともあり、今週の話題はドル安に尽きるという相場環境でした。

そもそもドルが大量発行されることは、2兆ドルの経済対策法案が成立した3月に分かっていた話ですし、FRBが実質ゼロ金利にしたことで金(ゴールド)が有力な投資先になるだろうということも同時期から言われていました。

ここに来てドル安に焦点が当たってきたことは、世界中で感染者が再拡大基調にあって景気の早期V字回復が絶望的となり、FRBが長期的に実質マイナス金利を継続させざるを得なくなったとの観測によって、今最も攻撃しやすいのはドルだ、と市場が標的に定めたということかと思われます。

ドルインデックスを見ると、7月22日に節目の95を割ったことで、テクニカル的な面でもドル売りに弾みが付いたと言えそうです。

Dxy07311 

Continue reading "今週の相場(7/31時点)"

| | Comments (0)

« July 2020 | Main | September 2020 »