« 今週の相場(9/18時点) | Main | 今週の相場(10/2時点) »

September 27, 2020

今週の相場(9/25時点)

今週のDOWは1.7%安、NASDAQは1.1%高、日経平均は0.7%安と、依然として調整ムードが継続していますが、金曜のNASDAQは2%以上上昇し、ハイテク系を中心にそろそろ反発ムードも芽生えてきたようにも感じられます。

米長期金利は0.69%→0.66%と若干下落しましたが、ドルインデックスは92.9→94.6へ上昇。為替市場はドルへの避難心理だったのか、ドル円は104円50銭→105円50銭へと1円ほどドル高円安でした。

VIX指数は26近辺で大きく変わらず、Fear & Greed Indexは52→48と、この指標からはやや弱気方向に振れました。

具体的なネガティブ材料としては、追加経済対策が議会で決まらず、欧州で感染増加、混迷する大統領選の行方といったところでしょうか。

アメリカの8月の新築戸建て住宅販売件数が前月から4.8%増加して、14年ぶりの高水準だったことは明るい材料として捉えられました。背景としては、30年物が2.8%台と歴史的に低いローン金利と、在宅勤務増加による郊外住宅の需要増と解説されています。

最も出遅れていると思われている旅行関連銘柄を見てみると、クルーズ船のカーニバルが1.6%安、ボーイング3.2%安、デルタ航空9%安、ヒルトン4%安と軒並みマイナスであり、本格的な景気の戻りにはいまだ懐疑的な投資家心理が窺えますので、こうした銘柄群にはまだ辛抱が必要そうです。

欧州での感染状況は、日本の7月に見られたような感染増死亡率減となっています。旧型コロナに免疫のあるアジア地域に比べ、発生源の中国から遠い欧州は、日本並みの状況になるのに時間がかかりそうですが、これは収束への不可避なプロセスです。

市場が恐れているのはウイルスの脅威ではなく、ビビった政府がさほど効果のない経済封鎖をするという人間の恐怖そのものへの懸念かと思われます。

トランプ大統領は、死去したルース・ギンズバーグ連邦最高裁判事の後任にエイミー・バレット氏(48)を公式に指名しました。

バレット氏はハイチからの養子二人を含めて7人の子供を育てているカトリック信者であり、いわゆる「プロ・ライフ」を自ら実践しているので、トランプ支持派の中心であるエヴァンジェリカル(福音派)好みの判事と言えそうです。

但し、大統領選挙前に後任を決めることはギンズバーグ氏の遺志に反するとの見方も多く、早く決めることが選挙戦で本当に有利に働くかどうか微妙なところです。

トランプとしては、何が何でも法廷闘争に持ち込んで最高裁で勝てる体制を築いてしまう、という算段でしょうが、示された民意を強引に覆すような混乱を、市場は歓迎しないでしょう。

こうしたことから、不確実性を何よりも嫌う市場としては、一定のディスカウントで取引をするしかない状況となっていますが、それでも十分に割高であり、それでもゼロ金利下では強引に正当化されてしまうのが現在の環境です。

|

« 今週の相場(9/18時点) | Main | 今週の相場(10/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(9/18時点) | Main | 今週の相場(10/2時点) »