« 今週の相場(10/9時点) | Main | 今週の相場(10/23時点) »

October 18, 2020

今週の相場(10/16時点)

今週のDOWは+0.1%、NASDAQは+0.8%、日経平均は0.9%安と、動きにくい週だったようです。

ドルインデックスは93.1→93.7とやや上昇。ドル円は105円60銭→同40銭と小動き、米長期金利は0.78%→0.75%と、こちらもあまり動いていません。

VIX指数は25→27.4とやや上昇、Fear & Greed Indexは55→62と、こちらはマチマチとも言える方向性で、強弱感は拮抗している状態でしょうか。

米国株は10月の反発により、今年の高値まであと2~3%まで近づいてきましたが、一気に抜き去るほどの好材料は無く、やや足踏みしそうな雰囲気です。

投資家が期待する追加の経済対策は、いまだ合意に至りません。トランプ大統領は1.8兆ドル規模まで歩み寄る意向を示していますが、共和党のマコネル上院院内総務は5000億ドル、民主党は2.2兆ドルと、全く足並みは揃わず、大統領選前の決着はあきらめた方が良さそうです。失業者への追加支給週600$は7月末で終わっているので、株式市場への資金流入も、8月の勢いは取り戻せないといったことでしょうか。

10月4日~10日の週間の新規失業保険申請数は89万8000件で、3週ぶりに増加に転じ、5万3000件の増加。失業保険の総受給者数は10月3日時点で1001万8000人と、前の週から116万5000人減っているものの、失業者の職場復帰が進んでいるのか、最長半年間の失業保険が切れているのか、見方は分かれているようです。

ワクチン開発については、「最も早い期待」よりは遅れそうになっています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンが発病によって最終治験を一時中断し、モデルナは10月を予定していた治験終了について、11月~12月と発表。ファイザー&バイオンテックも、緊急使用許可の申請は10月ではなく11月第3週以降と、トランプ大統領による「爆速で選挙前」という目論見は事実上不可能になっています。

欧州では引き続き、感染増・死亡率減の状態ですが、死者の絶対数は春よりも低位ではあるものの増加傾向にある地域が多く、何らかの行動制限に踏み切らざるを得ない当局の苦しい状況が見てとれます。

比較的落ち着いているアジア地域との違いは、基本的に中国発の風邪(旧型コロナ)に対する免疫力の差でしょうから、遠くの欧米人は時間をかけて体が対応するのを待つしかないところと思われます。

マーケットとしては、ウイルス自体の脅威よりも、ウイルスへの恐怖から来る経済活動の停滞を恐れています。

大統領選の行方は全く分かりません。

いわゆるブッキングサイトでトランプの劣勢が強まったのは、本人の感染がきっかけですが、バイデン陣営にも感染者が発生し、副大統領候補のハリスは活動自粛中ですし、以前から疑惑のあったバイデンの息子のウクライナ疑惑に関しては、バイデン本人の関与が疑われる証拠の存在をNYポストが報道し、それをtwitterとfacebookが一旦拡散抑制したことで逆に注目されています。

バイデン支持者のほとんどは、トランプ以外なら誰でも良いのでしょうから、バイデンの疑惑の影響は限定的とも言えますが、いまだ迷っている人は気にするかもしれません。

最高裁判事候補のエイミー・バレット氏(48)の3日間の公聴会は、そつのないバレット氏の対応で終始し、今月中に承認される見通しが濃厚ですから、大統領選の結果が最高裁で争われるなら、トランプ有利の判決が出るとの見込みも強まっています。

前代未聞の大統領選は全くシナリオの書きようが無く、五里霧中といった状態ですが、それでも株式相場は、しばし休憩の後で上がり続けようとしているように見えますので、今のところポジションの大きな変更はしていません。

|

« 今週の相場(10/9時点) | Main | 今週の相場(10/23時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(10/9時点) | Main | 今週の相場(10/23時点) »