« December 2020 | Main | February 2021 »

January 31, 2021

今週の相場(1/29時点)

今週のDOWは3.3%安、NASDAQは3.6%安、日経平均は3.4%安。3指数とも同程度下げました。

米長期金利は1.09%→1.07%、ドルインデックスは90.2→90.5、ドル円は103円70銭→104円70銭。金利は下がりましたが、安全資産へのドルへの避難が強まりました。

市場の話題は、ロビンフッダーが独占。個人の資金力は少ないながらも、コールオプションなどを買い上げて「踏み上げ」を画策し、ヘッジファンドのショートポジションを痛めつけました。ゲームストップ株(GME)の空売りで大怪我をしたシトロン・リサーチは、20年間続けてきた空売り調査を打ち切り、今後は大きく上昇する銘柄の発掘に努めると、コペルニクス的転回(?)を公表して白旗を掲げました。

味を占めたロビンフッダーたちは、ショートの多い他銘柄にも攻撃の手を広げ、映画館のAMC、ヘッドフォンメーカーのKOSSなどおよそ10銘柄に「同時多発テロ(?)」を実行。先週3$だったKOSSは一時127$、終値でも64$です。

ちなみにゲームストップ株は約2兆円も時価総額を増やしているので、これだけでTDK1社分くらいの価値を創造していることにはなりますが、言うまでもなくその持続性には大きな疑問符が付きます。

当然ながら、この現象は様々な議論を巻き起こしています。

Continue reading "今週の相場(1/29時点)"

| | Comments (0)

January 24, 2021

今週の相場(1/22時点)

今週のDOWは+0.6%、NASDAQは+4.2%、日経平均は+0.4%。相変わらずNASDAQ強しの状況が続きます。

米長期金利は1.09%で変わらず、ドルインデックスは90.8→90.2、ドル円は103円90銭→103円70銭。長期金利が安定していたことで、警戒感は特段に高まらず、株価は堅調、為替も大きな動きはありませんでした。

バイデン政権は高揚感なくスタートし、トランプはフロリダに静かに去り、首都ワシントンの厳戒態勢は解かれました。全米規模での大混乱といった懸念はひとまず去り、安堵の買い戻しだったのかもしれません。

イエレン次期財務長官候補が議会公聴会にリモートで登場しましたが、そもそも承認されるためのプロセスですから、過激な発言をするはずもなく、相変わらず安定感のある受け答えで市場を安心させました。

そもそもイエレン氏は労働経済が専門で、雇用回復に力を注ぐことは個人的にも目標でしょうから、基本的に市場フレンドリーの立場です。パウエルFRB議長とのコンビで、大量発行される国債市場の動揺も抑えてくれるのではないかと期待されています。

イエレン氏はビットコインに厳しいという見方があります。仮想通貨が既存秩序にチャレンジしてくるとすれば、それに対抗するのは当局として当然ですが、今のビットコインはただ投機的に上がっている資産というだけであり、通貨になろうとはしていません。

また、規制されるとすれば、ビットコインよりもまずXRP等が優先されるはずであり、また規制主体は財務省よりはSECです。

新SEC委員長のゲーリー・ゲンスラー氏は、元ゴールドマンサックスパートナーですが、「GSから左に転身した男」「保安官」とも呼ばれており、ブロックチェーンに詳しく、暗号資産シンパであると同時に、米商品先物取引委員会(CFTC)委員長としてはデリバティブ商品への規制を積極的に進めた規制推進派でもあるので、まずはコインベースの上場をすんなり認めるのかどうかが注目されます。

Continue reading "今週の相場(1/22時点)"

| | Comments (0)

January 17, 2021

今週の相場(1/15時点)

今週のDOWは1%安、NASDAQは1.5%安、日経平均は+1.4%と、珍しく日米で明暗が分かれました。但し、日経平均も金曜日は下げて終わっており、25日移動平均からの乖離が約5%と大きいため、日柄調整の必要性を感じます。

米長期金利は1.12%→1.09%、ドルインデックスは90.0→90.8、ドル円は103円90銭で変わらず。債券為替市場は、金利は下がったのにドルが買われるというリスクオフの方向性でした。

金曜日の株式市場は、日米とも手仕舞いの目立つ展開。米国市場が三連休前という短期的な事情もその要因かとは思いますが、大統領選挙のあった11月初めからの楽観相場に区切りが付いた可能性もありそうです。

バイデンがぶち上げた1.9兆ドル追加対策案も、むしろ材料出尽くしの売り材料にされた感もありましたし、無双だったハイパーグロース株や直近IPOも、やや影がさしてきました。15日にIPOした、自動車メンテナンス店フランチャイズのDriven Brands(DRVN)は、公開価格の22$を2割以上上回る26.7$で引けましたが、初値の28$は下回りました。

金曜日の下げが、単なる一時的な調整なのか潮目の変化なのか、現段階では判断できませんが、来週から本格的に新政権が始動する見込みの米国は、これまでの良いとこ取り相場から、悪いところも見る現実相場に転じるかもしれません。

| | Comments (0)

January 10, 2021

今週の相場(1/8時点)

今週のDOWは+1.6%、NASDAQは+2.4%、日経平均は+2.5%と、昨年からの株高傾向を引き継ぎ、とにかく市場に資金が流れ込んでくるという状況が続いています。

米長期金利は昨年末の0.92%→1.12%、ドルインデックスは89.9→90.0とほぼ変わらずですが、ドル円は103円30銭→103円90銭と、アメリカの金利上昇に若干引きずられたようなムードです。

金利上昇の背景はトリプルブルー。注目されたジョージア州の上院二議席を決める決戦投票は僅差で民主党が二議席とも獲得し、上院は50:50プラス副大統領投票権で、民主党が実質過半数となりました。ただし、アメリカの開票システムの透明性と信頼性については、2004年のブッシュVSケリー戦と同様にクリアでは無く、多くの懐疑派に付けこまれる原因となっています。

トリプルブルーになると、増税や財政拡大による金利上昇懸念で株には不利との事前観測もありましたが、現実の市場は金利上昇を容認して株高。更なる財政拡大でドルが発行されれば、それがまた株式市場に流れ込んで来るだろうという思惑を先取りして、債券売り株買い、という方向で走っています。

12月雇用統計は、雇用者数が前月比14万人減と、8カ月ぶりに減少に転じたものの、市場の反応は極めて限定的で、むしろ追加経済対策の必要性が高まったことは株高の継続につながるという見方の方が支配的だったように思われます。

現在も続くコロナラリーは、雇用と景気の悪化を埋めるために新規マネーが発行され、それが市場に還流することによって持続すると考えるのなら、誰もが在宅でPCの前に座ってトレードしやすい状態こそが絶好ということになります。

Continue reading "今週の相場(1/8時点)"

| | Comments (0)

January 01, 2021

2020年の相場(12/31時点)

新年となりました。皆様にとって良い年になりますように祈念いたします。

2020年のパフォーマンスは、DOW+7.2%、S&P500が+16.2%、NASDAQ+43.6%、日経平均+16%でした。日経平均はS&P500とほぼ連動し、バブル後最高値を更新しましたが、一部の銘柄だけで上昇したのは気になります。(7銘柄だけで上昇した今年の日経平均 7割はマイナス)

NASDAQの+44%は驚愕とも言える成績ですが、在宅ワークで恩恵を受けるハイテク銘柄が多いことと、低金利によってハイパーグロース銘柄への成長期待感が大きく押し上げられたことが要因かと思います。

米長期金利は年間で1.92%→0.91%へ低下。FRBはインフレ率2%まで利上げしないとしているので、実質金利がマイナスの状態の長期化が材料視され、ドル安が進みました。ドルインデックスは、96.5→90と7%低下、ユーロドルは1.11→1.22へと1割高、ドル円は108円→103円と5%の円高です。ドル安を最も反映しやすいと思われる金価格は、1520→1898$と25%の上昇でした。

今年の相場の最大ファクターは、新型ウイルスへの恐怖心から低金利と財政の急拡大が人為的に引き起こされたという点で、世界の主要9中銀の資産は、21.3兆ドル→31兆ドルと45%増加し、世界の株式時価総額は85兆ドル→100兆ドルと18%増加したと報道されています。

リーマンショックでは、人を見たら毒饅頭(サブプライムローン債券)と思え、がキーワードとなり、誰にも貸したくないムードによって、誰の債務でもない金が買われ、ビットコインが生まれる契機ともなりました。

現在は、人を見たらウイルスと思え、がキーワードとなり、人間同士の接触が極端に控えられた代わりに大量のマネーが新規に発行され、様々なアセットクラスの価格を押し上げました。リーマンショックの時は金融機能がズタズタとなり、信用度の低い負債依存体質の企業が退場することとなり、J-REITでさえ破綻しました。

現在は特に何かのインフラが傷んでいるわけではなく、空港も飛行機も町のレストランも、フル稼働できる状態なのに敢えて止められているだけです。加えて低金利とマネー膨張というプラス要素があるので、株価水準の期待値はコロナ前よりも押し上げられる結果になりました。

Continue reading "2020年の相場(12/31時点)"

| | Comments (0)

« December 2020 | Main | February 2021 »