« January 2021 | Main | March 2021 »

February 27, 2021

今週の相場(2/26時点)

今週のDOWは1.8%安、NASDAQは5%安、日経平均は3.5%安。DOWとNASDAQは50日線、日経平均は25日線近辺にありますが、久々の纏まった調整となりました。

米長期金利は1.34%→1.41%、ドルインデックスは、90.3→90.9、ドル円は105円40銭→106円50銭と、金利高でドル高。米長期金利が瞬間風速で1.6%まで上昇し、多くの人が意識する1.5%を超えたため、株式市場の狼狽売りを誘ったと言えそうです。

為替の世界では、ドル安プレイだった各種通貨が週後半のリスクオフで下落したものの、円高は起こらずに円安。もはや円は安全通貨でも避難場所でもなく、ドルだけが逃げ場となったかのように見えます。

なお、長期金利上昇でイールドカーブはスティーブ化しているためか、こんな地合いでも日本のMUFJ株は僅かながら+1.5%と上昇でした。

急激な金利上昇は、特にハイパーグロース株に不利に働くとされており、テスラが14%安、リモート医療サービスのテラドックが24%安など、いわゆるARK系銘柄が特に嫌われました。

そもそも金利上昇の背景は、コロナ後の景気回復や各国の財政悪化によるインフレ期待率の上昇ということかと思いますが、これまで低金利と過剰流動性を背景にバリュエーション無関係に買われてきた銘柄は、流石に命運尽きたかのようにも感じられます。

ARKのキャシー・ウッドは、下がった局面で更にテスラを買い増したようですが、良い子が見習うべきスタイルとは思えません。

Continue reading "今週の相場(2/26時点)"

| | Comments (0)

February 20, 2021

今週の相場(2/19時点)

今週のDOWは+0.1%、NASDAQは1.6%安、日経平均は+1.7%。

米長期金利は1.21%→1.34%、ドルインデックスは、90.5→90.3、ドル円は104円90銭→105円40銭。

金利上昇警戒で米国株は小休止し、グロース銘柄の多いNASDAQはマイナスでした。ドル安ですが、円高にはならず、日本株買いと円売りが力を増しています。

クロス円も上昇傾向であり、為替市場も円キャリー的な楽観ムードの広がりが感じられます。「ドルは安く、円は更に安い」は、リスクオンの典型です。

今年になってからの上昇率は、DOWが+3%、NASDAQが+7.7%、日経平均+9.4%と、節目の3万円を30年振りに回復し、景気敏感性の強い日本株への関心は高まっています。

NY連銀のウィリアムズ総裁は、資産価格が暴走していることを示す証拠は見当たらず、雇用や物価はFRBの支援を必要としているとの考えを示し、イエレン財務局長も大規模な財政支援政策を支持しているため、政府公認の大宴会はまだ続きそうです。

18日の米議会公聴会では、主にロビンフッド社が議員の標的となりました。同社は手数料無料を実現するため、取引情報を高速(高頻度)取引業者に流し、そのリベートを収益源として株取引のゲーム化(?)を進めてきました。

株取引初心者に対してオプション取引などのリベート率の高い取引を誘導しているとすれば、金融界の「適合性の原則」に反していると看做されてビジネスモデルの見直しを迫られるかもしれませんが、それがマーケット全体の温泉気分をひっくり返すことにはならないと思われます。

Continue reading "今週の相場(2/19時点)"

| | Comments (0)

February 14, 2021

今週の相場(2/12時点)

今週のDOWは+1%、NASDAQは+1.7%、日経平均は+2.5%。日本株はトヨタが週間で6%上昇するなど、赤字縮小を含む決算上方修正に敏感に反応した印象があります。

米長期金利は、1.17%→1.21%と、昨年2月レベルにまで上昇。ドルインデックスは、91→90.5とやや低下し、ドル円は105円40銭→104円90銭。

コロナ後の景気正常化を睨んで金利は上昇しており、どこまで株高と共存できるのかが投資家の最大の関心事と言えそうです。アメリカの平均的なインフレ率である2%までは大丈夫という意見もありますが、上昇スピードや追加財政規模との兼ね合いもあり、予想が付きません。

週初にテスラがビットコイン(BTC)に1500億円投資したこと、およびテスラ車をBTCで購入できる構想が明らかになってBTCは暴騰し、400万円から500万円近辺に居所を変えました。

マスターカードが暗号通貨に年内に対応、保守的で知られるBNYメロン銀行が、仮想通貨の資産管理サービス開始など、BTCを受け入れようとする金融業界の動きは活発となり、BTCへの投資を刺激しています。

世界一の富豪となったイーロン・マスクの影響力は超ド級であり、彼の一言で市場は大きく動きますが、そもそもバブル的な高値を付けているテスラ株とビットコインが時価総額でほぼ同額となったことに加え、彼の発言でカップリングのイメージが植え付けられたことは大きな危険性も孕むこととなり、どこかの時点で全てが同時に崩壊する可能性も高まったように感じられます。

Continue reading "今週の相場(2/12時点)"

| | Comments (0)

February 07, 2021

今週の相場(2/5時点)

今週のDOWは+3.9%、NASDAQは+6%、日経平均は+4%。いずれも先週の下げを取り戻し、2週間前の1月22日の数値を上回っています。

米長期金利は1.07%→1.17%、ドルインデックスは90.5→91、ドル円は104円70銭→105円40銭。金利が上がって素直にドルが買われ、株も上がりました。

この1年、低金利政策によるドル安を大きなエンジンとして株が買われてきたため、金利上昇は株にマイナスと恐れられて来ましたが、最近は突如として「良い金利上昇」と皆が言い始め、一定の金利上昇を容認するムードに変わってきています。

ドルインデックスです。

Dxy0207563

実際、米企業決算では8割以上が予想を上回っており、特にIT企業では97%が好決算と報道されています。

但し雇用の回復は芳しくなく、1月の雇用者数は4万9000人増で、殆どが短期雇用。前月分も22万7000人減と、14万人減から下方修正。バイデン大統領は早速に経済的支援の必要性を訴え、一定の所得制限付きながら一人当たり1400$の支援策の法制化を急ごうとしています。

日本株ではソニーが復活。最終利益1兆円超企業となる見通しで、今週のソニー株は24%上昇し、時価総額を3兆円増やしました。また、赤字縮小見通しのマツダや三菱自動車が3割ほど上昇するなど、景気敏感なボロ株(?)も大いに物色されています。割高になった半導体銘柄を売ってアフターコロナ銘柄に資金を移す動きも目立ち、村田製作所がマイナス6%に対し、HISが+16%。

百貨店や小売系にも上昇銘柄が多く、売り込まれたコロナ後回復期待銘柄は争奪戦模様にも見えます。

Continue reading "今週の相場(2/5時点)"

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »