« 今週の相場(3/19時点) | Main | 今週の相場(4/2時点) »

March 28, 2021

今週の相場(3/26時点)

今週のDOWは+1.4%、NASDAQは0.6%安、日経平均は2.1%安。日経平均が極端に悪いように見えますが、CFDの数値で見るとNASDAQと同じ0.6%安なので、週明けの上昇が期待されます。

米長期金利は1.72%→1.67%、ドルインデックスは、91.7→92.7、ドル円は108円90銭→109円70銭。米長期金利は一時1.6%レベルまで下がったものの、依然として上昇トレンドが継続していると見られており、金利差に惹かれた円売りドル買いが増えているとの見方が主流です。

但し、インフレで減価するドルが買われていくと購買力との差が広がり、株価急落などのきっかけで修正の円高が起こりやすくなるのが歴史の教えです。

先週は、景気過熱による金利上昇が高株価を殺す、との懸念が支配的でしたが、週明けは欧州株が売られて一旦金利が下がり、景気楽観できずで金利安でも株安となり、週後半は金利上昇と株価持ち直しの共存が見られるなど、景気と金利と株価の関係は日替わりで解釈が変わって右往左往しています。

そもそも株価は景気の持ち直しを相当程度織り込んで高値圏にあるので、予想を上回るほどの好材料が出てきているのかと言えばそうでも無いかもしれないし、とはいえ少し下げれば市場に参入してくる待機資金はまだありそうでもあり、とりあえず出口に近いところで踊り続けて様子を見ようか、というのが現状でしょうか。

いずれにせよ、簡単に儲かる相場は終わり、株トレードの難易度はぐっと増しています。

コモディティ相場は、ドル高もあるのか、総じて軟調でした。スエズ運河での座礁事故があっても、WTIは先週から1%安です。

日本株では、火災のあったルネサスが週間で2%安、影響が大きそうなホンダは5%安。異常な元気さだった海運株も総じて横這いでした。

米国株では世界的品不足の半導体銘柄が強く、インテルのアリゾナ新工場建設のニュースもあって、アプライドマテリアルズが+12%と気を吐きました。SOX指数は+3%と、NASDAQのマイナスにも関わらず上昇しています。

ハイパーグロース系では、ETFのARKKが7%安、個別ではテスラが6%安、ズームが2%安。フィンテック系では、スクウエアが5%安、ペイパルはほぼ変わらず。ペイパルは黒字企業なので、市場も選別しています。

リア充銘柄の航空機ETF「JETS」も週間で5%安と反省モードですし、先週620万円と非常に強く見えたビットコインも10%強の調整をして、どうにか600万円に戻ってきました。

個人的には、今月初めに新規に買った米国株があまり貢献してくれず、何とか2月の残高は維持したい(3月をマイナスにしたくない)と防戦一方になり、一時は40%まで下がったキャッシュポジションは再び60%に近づきました。

金曜日になって少し明かりが見えてきた雰囲気もありますが、全体が宴の後の反省期間であることを考慮すると、日々気分は変わりやすく、しっかりしたトレンドは発生しにくい微妙な局面かと思います。Fear & Greed Index は52とニュートラルで、どちらにも振れやすい心理状態と言えるでしょうか。

短期的には物色の中心はバリューだと思いますが、景気敏感株は戻って終わりの可能性があり、長期的には再びテクノロジーへの関心が高まることを予想して調整中のIT銘柄を買っておく、という考え方も当然あるかと思います。

|

« 今週の相場(3/19時点) | Main | 今週の相場(4/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(3/19時点) | Main | 今週の相場(4/2時点) »