« 今週の相場(5/21時点) | Main | 今週の相場(6/4時点) »

May 29, 2021

今週の相場(5/28)時点

今週のDOWは+0.9%、NASDAQは+2.1%、日経平均は+2.9%。

NY市場は来週月曜がメモリアルデー(亡くなった兵士を追悼する日)で休場のため、セル・イン・メイが一足先に終了しました。今月のパフォーマンスを振り返っておくと、DOWは+1.9%、NASDAQは1.5%安、日経平均はあと1日ありますが、+1.2%となっており、先月に引き続いて日経平均はDOWよりも劣勢で終わりそうな展開です。

米長期金利は1.62%→1.59%と低下し、ドルインデックスは90で変わらずですが、ドル円は108円90銭→109円80銭台と、なぜか1円ほど円安が進みました。ユーロドルに大きな変化は無いので、ドル高ではなく円安という理解になりますが、金利差の拡大を伴わない円安は珍しい気がします。

通貨の世界の強弱に関しては、先月テーパリングを発表したカナダドルが資源高の恩恵も受けて先頭を走っており、来年半ばから利上げに動く可能性を明らかにしたニュージーランドが二番手というレース展開の感じです。

肝心のアメリカに関しては、FRBが雇用情勢を考慮してギリギリまで緩和姿勢を継続したい意向が強く示されており、4月のPCEデフレーターが前年比+3.6%という強気の物価指標等にも関わらず、パウエル議長はテーパリングに触れることを避け続けています。

4月の雇用者増加数が期待外れに少なかったのは、失業給付の上乗せによって低賃金労働者が職場復帰せずに休み続けていることが主因と見られていますので、弱者に優しい財政出動が逆にFRBの政策選択肢を狭めているとも言えますが、いずれにせよ市場はテーパリング発言がいつ出て来るのか身構えており、8月のジャクソンホールや9月FOMC辺りでは、その警戒心がMAXになるのではという見方が有力視されています。

コモディティ市場は、再び騰勢を強めて、今週は銅が+4.3%、WTIが+4.8%、コーヒーが+8%などとなっており、CRB指数は+2.4%。

1ヶ月で見ると、金と銀が+8%、銅が+4%、WTIが+5%、コーヒーは+16%で、CRB指数は+3%。この勢いが年内ずっと続いたら大変な物価高になりそうですが、イエレン財務長官は、あくまでインフレは一時的との発言をしてFRBを援護射撃しています。

結局、5月の成績はトントンまで回復しました。来月も観察中心で、大きなポジション変更はしにくい環境ではないかと思っています。

|

« 今週の相場(5/21時点) | Main | 今週の相場(6/4時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(5/21時点) | Main | 今週の相場(6/4時点) »