« 今週の相場(6/18時点) | Main | 今週の相場(7/2時点) »

June 27, 2021

今週の相場(6/25時点)

今週のDOWは+3.4%、NASDAQは+2.4%、日経平均は+0.4%。

米国株は先週の下げムードから素早く抜け出してDOWは50日線を回復し、NASDAQは高値更新。中長期的に上昇できない日経平均は、週初に1000円下がって1000円上がるような短期のボラで投資家を引き付けようとする老醜な姿を見せました。

米長期金利は1.44%→1.52%に上昇、ドルインデックスは92.3→91.8と下落、ドル円は110円20銭台→110円70銭台とやや円安。債券と為替の動きは、金利高でドル安円安と、リスクオン姿勢でした。

先週、FRBがタカ派に転じたとの理由からリスクオフに振れた市場は、それでも長期金利の上昇が限定的であったことを確認し、再び株を買いだしたといった様子に見えます。

また今週は、バイデン米大統領と超党派の上院議員がインフラ投資法案で合意したとの報道もありました。
当初の2兆ドルから1.2兆ドルと、民主党が共和党に歩み寄った形であり、規模が縮小したことで法人税増税に触れられなかったことも、株式市場としては好材料と受け止められた感があります。

25日に発表された5月のPCE(個人消費支出)指数は前年同月比3.4%上昇と高水準ながらも事前予想通り。また、コア価格指数の上昇率は0.5%で事前予想の0.6%より低く、「物価上昇は一時的なもの」というFRBの判断がサポートされたものと理解されたようです。

「一時的」が一体いつまでなのかは不明ですが、現在急騰している部門の価格は、急回復した需要に対して供給制約があることによる需給ギャップが主因で、それは長期的には改善するというシナリオに多くの人が賛同してきているように感じられます。

世界が本当に心配しなければいけないのは目先のインフレではなく、長期的低成長による経済格差であり、多くの地域での貧困問題という深刻な課題なのかもしれません。

コモディティ市場では、先週の下げの反発が起こって金・銀が小幅高で銅が+3%ですが、先週のマイナス6%~9%という大幅な下落を取り戻すには全く至っていません。

原油は依然高く、WTIが+3%、天然ガスは+9%。この1ヶ月でも、WTI+10%、天然ガス+18%と、夏に向けての強いエネルギー需要が期待されているようです。

エネルギーと言えば、今や環境懸念から不人気銘柄(?)とも言われるエクソン(XOM)ですが、今週+7%、この1ヶ月では+11%と好調です。年初来では+62%と、DOWの+13%、NASDAQの+11%を遥かに凌駕していますが、周囲の悲観ムードに引きずられて、私は3月に手放してしまいました。   

まだ3日残っていますが、6月は1~3月と同程度の好パフォーマンスでした。特に、3月初めのNASDAQ調整時に買った幾つかのIT銘柄が最高値を付けています。

 

 

|

« 今週の相場(6/18時点) | Main | 今週の相場(7/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(6/18時点) | Main | 今週の相場(7/2時点) »