« 今週の相場(7/23時点) | Main | 今週の相場(8/6時点) »

July 31, 2021

今週の相場(7/30時点)

今週のDOWは0.4%安、NASDAQは0.1%安、日経平均は1%安。日本株は嫌われており、7月の下げは5%、もっと嫌われている中国株(ハンセン指数)は今月10%安でした。

これに関しては、日本の成長の源泉が中国経済なので、親亀の中国経済への懸念が子亀の日本株離れに繋がっているという面もあるでしょうが、加えて日本固有の問題点も存在すると私は考えます。

米長期金利は1.28%→1.22%と更に低下、ドルインデックスは92.9→92.1と金利に追従して下げ、ドル円は110円50銭→109円70銭とドル安方向です。

FOMC後の記者会見でFRBのパウエル議長は、テーパリング開始について「今後複数の会合で協議する」と語り、早期のテーパリングは遠のいたとの観測で金利は低下したと解説されています。

また、4~6月期の米GDP速報値は前期比年率で6.5%増と市場予想の8.4%増を下回り、また6月のPCE価格コア指数は、前年比3.5%上昇と高水準ではあるものの、市場予想の3.7%を下回り、金利上昇を呼び込むには至りませんでした。

総じて債券為替相場は株式投資に優しい環境だったとも言えそうですが、株式指数は投資家の様子見姿勢を示しているように見えます。

肝心の企業業績への陰りも見られます。

アマゾンの決算はガイダンスが悪く、30日の相場で8%近く売られました。写真共有サイトのピンタレストは、ユーザーアクティビティの伸び率が大きく鈍化し、同じく18%のマイナス。

巣ごもりから抜け出すピークデジタルが現実のものとなる可能性に、投資家はいささか怯えているようです。

デジタル決済の利用機会が増え、関連銘柄は好調を維持してきましたが、ペイパルは今週11%も下落。個別の問題なのか、デジタル決済全般に投資家の期待が高すぎるのか。アメックスやマスターカードの株価も今週は若干売られました。

ピークデジタルなら、逆にリア充銘柄に資金シフトしそうなものですが、航空株は冴えません。決算は総じて好調であり、特に懸念されたビジネスクラスにも需要が戻っているといった評価はあるものの、投資家の買いの手は躊躇しているようです。

3メガキャリアの中でも、最も手堅い経営と言われるデルタ航空の7月のパフォーマンスは8%のマイナス。無論、これを投資の好機と見ることも可能です。

日本株では、営業利益を3割上方修正したファナックが、翌日6%以上売られたのが目立ちました。

今年は粗製乱造のIPOが多いという評価も見られますが、案の定(?)ロビンフッドの上場は冴えませんでした。公開価格38$に対し、金曜終値は35.15$。

SPAC上場した米リハビリサービス会社のATIフィジカル・セラピーは、突然の下方修正で今週60%も下落。市場のあちらこちらに傲慢さ、いい加減さが見られます。

ちなみに8月はショックの多い月で、古くは1971年のニクソンショック、98年のロシア危機(翌月にLTCM破綻)、2007年パリバショック、2015年チャイナショック(人民元切り下げ)など、相場が振れやすい時期でもあり、そもそも今の相場は油断たっぷりで、警戒心は薄れています。

いつ急激なショックが起きても動じない、厳選されたポートフォリオと潤沢なキャッシュポジションが望まれます。

|

« 今週の相場(7/23時点) | Main | 今週の相場(8/6時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(7/23時点) | Main | 今週の相場(8/6時点) »