« 今週の相場(10/22時点) | Main | 今週の相場(11/5時点) »

October 31, 2021

今週の相場(10/29時点)

今週のS&P500は+1.3%、NASDAQは+2.7%、日経平均は+0.3%。

米長期金利は1.63%→1.56%と下げ、ドルインデックスは93.6→94.1と上昇、ドル円は113円50銭→113円90銭と上昇。米長期金利は下げていますが、2年債金利は0.46%→0.50%と上昇しているので、それに反応したドル高でしょうか?。

10月を振り返ると、S&P500が+6.9%、NASDAQが+7.3%、日経平均は2%安。米国株は9月の調整を乗り越えて、最高値を更新している状態です。日本株を主戦場にしている個人投資家は、日に日に減っています。

ソブリン債の世界では、イールドカーブのフラット化が話題です。長期金利が下がり、短期金利が上がって長短金利差が小さくなっているというのは、「当面はインフレが続くものの長期的には低成長が待っている」という相場観が主流になっているということかと思います。

特にイギリスのイールドカーブが顕著にフラット化しています。

Ycukk1023

米国では20年債が1.95%で30年債は1.93%と、20年債と30年債の金利の逆転も発生しました。「中央銀行はインフレ対応を余儀なくされ、それにより成長は著しく鈍化することを反映している」といった解説がなされています。

株に当てはめると、今がピークで、だんだん駄目になるということになりそうですが、それとも金利は結局上がらないので、永遠の金融相場が期待できる(?)と楽観して良いのでしょうか。

個別株で今週目立ったのは、テスラの+22%で、月間では何と+44%。

時価総額で首位に返り咲いたマイクロソフトは、今週+7%。アップルとアマゾンは決算が期待ほどでは無く、+1%。

クレカのVISAは8%安と、今後の消費動向が懸念されています。

輸送株指数は、先週の+3.8%に続いて今週も+2.6%と好調でした。好決算のUPSは+5%です。

トラベル系を見ると、デルタ航空は2%安、ハワイアン航空は4%安と航空株が冴えず、クルーズ船のカーニバルが1%安、アメックスが7%安。但しホテル系は堅調で、ハイアットは3%高でした。

コモディティ市場では、原油(WTI)が1%安と一服。天然ガスは+5%と、依然として高値圏ですが、ロシアの供給増加報道で欧州の天然ガス先物価格は緩んでいます。石油株の代表であるエクソンとシェブロンは+2%と、業績は好調ながら、長期的には炭素銘柄への投資家離れが懸念されるのか、小幅な上昇にとどまっています。

なおバルティック指数は10月中旬から大きく下落しており、海運物流のボトルネックが解消しつつあることを示すのであれば歓迎される事態かと思います。

Baltic2021111

1929年の暗黒の木曜日も10月ですから、10月も9月に引き続いて警戒月間と思っていましたが、思ったよりも立ち直りが早く、10月のS&P500の+7%は、月間としては6年ぶりの好成績と報道されています。

既にS&P500の内、56%の決算が発表され、うち82%が予想EPSを上回る好決算と言われているものの、既に予想ベースでのPERは概ね22倍。

これは過去の16~18倍を上回っており、ここまで高くなった株式が、更にこれからアノマリー的には良好と言われる11~1月にかけて買われていくのかどうか、予断は許しません。

ひとまずは、今後の決算を良く観察したいと思います。ちなみに私の10月の成績は+1.5%程度。現金比率はかなり高めです。

|

« 今週の相場(10/22時点) | Main | 今週の相場(11/5時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(10/22時点) | Main | 今週の相場(11/5時点) »