« 今週の相場(1/14時点) | Main | 今週の相場(1/28時点) »

January 23, 2022

今週の相場(1/21時点)

今週のS&P500は5.7%安、NASDAQは7.6%安、DOWは4.6%安、日経平均は2.1%安。S&P500は200日線を割り、NASDAQは200日線の7%も下、日経平均は同じく4%下です。

米長期金利は1.79%→1.77%とやや下落、ドルインデックスは95.2→95.6に上昇、ドル円は114円20銭→113円70銭と円高方向。

金利若干低下でもドルへの避難が進み、ドル円は株安のリスクオフ心理で円売り巻き戻しという感じでしょうか。

株式相場はコロナバブルの逆流現象です。

長引くインフレとの戦いがアメリカ最大の政治課題となり、FRBの姿勢が緩和から引き締めに急転したため、株価のPERはドンドン小さくなり始めています。

実際にどの程度の利上げとなるのかは難しいところですが、CMEのFedWatchによると、今年中に1.00ポイント以上の利上げが実施される確率は7割程度。

しかし、この程度ではインフレ率7%に全く追い付かないという意見と、そもそも景気に陰りが見られる現況で利上げなんか出来るのか、という意見が対立しています。

相場は視界不良を最も嫌うので、1月26日のFOMCと今後の企業決算が注目されます。特にガイダンスが未達の銘柄は、こっぴどく売られる覚悟が必要です。

典型はネットフリックスで、1日で22%下落して5兆円あまりが消えました。

週間では、アマゾンとディズニーが12%安、JPモルガン14%安、テスラとホームデポが9%安。トラベル関係は、デルタ航空6%安、カーニバルクルーズが13%安。

エネルギー株を持っていても大して足しにはならず、エクソン+2%、シェブロンは変わらず。コモディティ市場では、WTIが+1%と原油独歩高でもなく、銀が+6%。

今月第一週は強かった低PER株も大崩れし、例えばPER2倍のUSスティールが24%安と、ハイパーグロース並みの下げ方です。今や下げ率を見る便利指標となったARKKは11%安。

これまで無視されていたバリュエーション指標を見るべきタイミングになりました。

バフェット指標は現在195%ですが、2019年末は151%なので、そこまで戻るには、あと25%の調整が必要です。シラーPERレシオ(S&P500は)は現在25倍で、過去の平均は16倍程度。

FRBの総資産は8兆ドルで、コロナ前4兆ドルの2倍。株価の膨張は、概ねFRBの資産拡大と相関します。

NASDAQは2019年末が9000で、それが一旦6600まで下がって今13800ですから、まあ11000くらいなら19年との比較で、受け入れられそうなレベルかもしれません。

同様にDOWは、30000→20000→34000という推移ですから、そろそろ売り圧力が減少してくるかもしれず、現在の予想PERは19倍と、NASDAQ100やラッセル2000の23倍と比べれば膨張度合は軽微です。

どこで下げ止まるかは、FRBの姿勢にかかっており、飽くまでも遅れてやってきたインフレファイターを演じるのか、株価への忖度姿勢を見せてくるのか。

今後のインフレ指標にも拠りますが、ゼロ金利の長期化によって自分が花咲かせたバブルをどう収束させるのかがFRBに問われています。

いずれにせよ、高PER銘柄は避けて、慎重な運転が求められます。成長期待に少しでも疑問が生じれば、テスラやエヌビディアが、ここから半値になっても別におかしくはありません。

粘っていた私の株式口座残高も下げ始め、12月末比でマイナス1.3%となり、キャッシュ比率は6割程度です。日本株では、久々にJ-REITを少し買ってみました。

VIX指数もFear & Greed Indexも、ガクブルといったほど、恐怖に脅える姿を表わしているように見えませんので、全体の視界が開けるにはまだ時間がかかりそうですが、部分的に下げ止まりのセクターが出てくるのかどうかが来週の注目点かと思います。

|

« 今週の相場(1/14時点) | Main | 今週の相場(1/28時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(1/14時点) | Main | 今週の相場(1/28時点) »