« February 2022 | Main | April 2022 »

March 27, 2022

今週の相場(3/25時点)

今週のS&P500は+1.8%、NASDAQは+2%、日経平均は+4.9%。

米長期金利は2.15%→2.48%に上昇、ドルインデックスは98.2→98.8、ドル円は119円10銭→122円10銭と円安が進行しました。

現在の市場で最もホットなトレードは円売りと言われており、ドル円のみならずクロス円も「火柱相場」。FXでの円ショートは笑いが止まらない状態で、更なる円安予想が市場を取り巻いています。

こうしたさ中、日銀総裁は「物価が+2%になっても引き締めせず。円安は日本経済にプラス」と発言。更には片岡日銀委員が「更なる金融緩和が必要」と、耳を疑うような発言で火に油を注ぎました。

流石にそろそろ牽制発言が出るかと警戒していた投機筋は、拍子抜けして勇気百倍。どこまで円安に耐えられるのか試してやろうと、125円どころか、ソシエテ・ジェネラルから150円の可能性という大胆な発言さえ飛び出しました。

日経平均はドル建てで見ると、円建てよりも割安に見えるためか、外国人投資家も一定程度日本株に戻って来ており、今週は日経平均の方が米国株指標よりも上昇率が高くなっています。

コモディティ市場では原油が再上昇し、週間でWTIが+8%、ブレントは+10%です。

Continue reading "今週の相場(3/25時点)"

| | Comments (0)

March 20, 2022

今週の相場(3/18時点)

今週のS&P500は+6.2%、NASDAQは+8.2%、日経平均は+6.6%。

米長期金利は2.0%→2.15%、ドルインデックスは99.1→98.2、ドル円は117円30銭→119円10銭。米金利は2週連続で上昇したものの、ドルへの避難は一旦終わってドル安、円安。ドルは弱く、更に円は弱いというリスクオンパターンが戻って来ました。

注目されたFOMCは0.25%の利上げと、予想どおりの結果。戦争によるリセッション懸念から利上げペースは従来より遅くなるかも、といったような優しいパウエル議長からのお言葉は特になく、戦争はインフレ圧力を強めるが米景気は力強く利上げに耐えられる、と終始タカ派的な発言でした。

そもそもインフレは一時的という大間違いをした男の言葉にどれだけ説得力があるのか分かりませんが、とにもかくにも株式相場は反転上昇し、WTIは一時100$を切りました。まるで、FOMC後はドテン買いに転じると示し合わせていたかのようです。

S&P500が4日連続で1%を超えて上昇したことは極めて稀で、歴史上5回だけ。過去の4回、1年後の株価は平均で+28%です。

また中国関連銘柄が特大の反発。副首相による、「市場に有利な政策を積極的に導入」かつ「中国企業の海外上場も維持する」との発言を契機に、アリババが週間で+25%。DIDIは、+116%と狂い咲きました。

Continue reading "今週の相場(3/18時点)"

| | Comments (0)

March 13, 2022

今週の相場(3/11時点)

今週のS&P500は2.9%安、NASDAQは3.5%安、日経平均は3.2%安。

米長期金利は1.74%→2.0%と大きく上昇し、ドルインデックスは98.5→99.1、ドル円は114円80銭→117円30銭と2%以上も円安方向。ユーロドルはさほど動いておらず、ドル買いではなく円売りです。

ウクライナ情勢は落しどころが見えず、株式相場はニュースのヘッドラインに踊らされて右往左往していますが、結局は下落。

戦争が続こうが終わろうが、当分の間ロシアが世界経済から孤立することは確実なので、そもそもグリーンフレーションが原因のエネルギー価格は高止まりすることが有力視されており、インフレになると中央銀行は株安の前で無力という、懸念されていた事態が現実のものとなっています。

注目されていた2月の米CPIは前年比7.9%の上昇。前月の7.5%から勢いを増し、1982年1月以来約40年ぶりの高さとなりました。なお、ここには2月24日のロシアのウクライナ侵略戦争による原油高騰はまだ反映されていません。

全米自動車協会の最新調査によると、全米で最もガソリン価格の高いカリフォルニア州では、1リッター165円と、日本と同程度の水準となっています。

米ミシガン大学が11日発表した3月の消費者信頼感指数は59.7と2月確報値の62.8から低下し、ガソリン代に食われて消費意欲が落ち込むという伝統的な法則が数値化されています。

Continue reading "今週の相場(3/11時点)"

| | Comments (0)

March 06, 2022

今週の相場(3/4時点)

今週のS&P500は1.2%安、NASDAQは2.8%安、日経平均は1.9%安。

米長期金利は1.97%→1.74%に大きく下落、ドルインデックスは96.5→98.5に上昇、ドル円は115円50銭→114円80銭と円高方向。
先週、一時的に反発した株式は下落し、為替市場は米金利低下でもドルへ逃避。強いドルより更に円は強いという典型的なリスクオフ反応となり、市場周辺では「質への逃避」が繰り返し叫ばれています。

今週のコモディティ市場は全般に暴騰気味。WTIが+26%、小麦が+44%、金・銀・銅は、それぞれ+5%、+6%、+10%。パラジウムは+28%、石炭が+80%。

株式市場が軟調な中でも資源関係には買いが集中し、日本株の週間ベスト3業種は、海運、鉱業、石油石炭となっています。

ウクライナ情勢は短期決戦で勝利できるというプーチンの思惑に対してウクライナが善戦。ゼレンスキー大統領は首都に留まり、国際社会に対して継続的に支援を呼び掛けています。

一方、戦争の長期化が想定される中、既に100万人以上の難民が発生。各国の経済制裁によってロシア経済の孤立化が進み、平時の国際分業体制が崩壊しかねない事態は全ての国に痛みをもたらそうとしており、景気敏感な株式を持っていること自体がリスクという意識も広がりつつあります。

Continue reading "今週の相場(3/4時点)"

| | Comments (0)

« February 2022 | Main | April 2022 »