« 今週の相場(4/15時点) | Main | 今週の相場(4/29時点) »

April 24, 2022

今週の相場(4/22時点)

今週のS&P500は2.8%安、NASDAQは3.8%安、日経平均は変わらず。

米長期金利は2.82%→2.9%、ドルインデックスは100.5→101.1、ドル円は126円30銭→128円50銭。金利上昇でドル買いの動きが続いています。

7週間で13円もの円安となり、「悪い円安」と認識されています。円安の主因が日米金利差だけであれば、どこかで限界が来るでしょうが、日本でも米国並みのインフレ率となり、現金からの逃避が進むなら、「最悪の円安」になるかもしれません。

粛々と金利上昇・ドル高が進む債券・為替市場に比べると、十分にFRBの利上げを織り込んでいなかった株式市場の動揺が目立ちます。

パウエル議長は5月FOMCでの0.5%利上げ可能性を示唆しましたが、これは事実上の決定と思われます。

米国野村証券のアナリストは今後、0.5%、0.75%、0.75%というハイペースで、政策金利を2.5%に上げていくとのスーパータカ派予想を出しています。

確定申告直後の米国株は上がりやすいというアノマリーによって、NASDAQは水曜まで100ポイントほど上げていましたが、そこから一気に600ポイント急落する展開となりました。

DOW指数は、NASDAQに比べてバリュータイプの銘柄が多いこともあって比較的安心感がありましたが、こちらも水曜まで700$上昇後、2日間で1300$下げて、50日線を割りました。

コモディティ市場では、WTIが6%安、天然ガスが11%安、銀が6%安など、今週はリスクポジションの縮小が目立っています。

個別では、ネットフリックスが加入者を減らし、水曜日に35%安。これで、巣ごもり恩恵銘柄に死刑宣告がされて、ARKKは週間で11%安。

インフレに強いとされていた資源株にも下げが目立ち、銅鉱山のフリーポートマクモランが15%安、シェブロンが6%安。アルミのアルコアは23%安とボロ糞に売られました。

成長期待が高かった有力半導体銘柄は逆に将来への不安が強まって、エヌビディアは8%安、AMDは5%安。

トラベル系ではユナイテッド航空が+14%と健闘し、航空系全般が買われましたが、多くの銘柄が週後半に売られています。

相場は一足早く「Sell in May」を迎えたような印象です。

NASDAQ指数は3月安値まであと2%程度であり、そこが一つの目安になるかと思いますが、仮にそこで止まったとしても、今のムードでは、戻りのスピードは遅そうです。

市場センチメントが非常に悪かったので、金曜寄り付きで米株を半分売り、最近では最も高いキャッシュポジションとなりました。

トレードは全く上手く行っていませんが、円安恩恵によって口座残高は昨年末比で1割近く増えているという歪つな状況で、今後の国内インフレが懸念されます。

金曜のNY市場ではほぼ全セクターが売られ、とにかく株を持っていたくないという心理になっており、どこが「陰の極」なのか、慎重に観察し続けるしかない、といったところです。

 

 

 

|

« 今週の相場(4/15時点) | Main | 今週の相場(4/29時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(4/15時点) | Main | 今週の相場(4/29時点) »