« 今週の相場(5/20時点) | Main | 今週の相場(6/3時点) »

May 29, 2022

今週の相場(5/27時点)

今週のS&P500は+6.6%、NASDAQは+6.8%、日経平均は+0.2%。米株が上がるなら、日本株はスルーです。

米長期金利は2.8%→2.74%と下げ、ドルインデックスは103→101.6と下落、ドル円も127円90銭→同10銭に下落。
長期金利は落ち着き、ドルへの避難も特段観察されず、株式は久々に週間で上昇しました。

コモディティ市場では、金・銀・銅、そしてWTIも小動きで、目立った変化はありませんでした。

先週は、ウォルマートとターゲットの期待以下の決算で、米国消費に影が感じられましたが、今週は老舗百貨店のメーシーズの決算と見通しが期待以上となり、株価は週間で+29%と暴騰。行き過ぎた悲観は修正されました。

アトランタ連銀のボスティック総裁が、6月と7月に0.50%ポイントの利上げを行った後、一旦利上げを停止する可能性に触れたことで、年後半の利上げペースに一定の安堵感が発生したことも、株式への逆風が弱まる要因となりました。

FRBが重視するPCE価格指数(4月)は前年比6.3%上昇と、前月の6.6%から縮小。前月比でも0.2%上昇と、前月の0.9%上昇から減速し、インフレピークアウトの期待が高まりました。

NASDAQはADLINEも、ようやく底打ち的な形状を示すようになりました。

Nasadlinenn

 

半導体では注目されたエヌビディアの決算が良好。今後の見通しは中露の影響や仮想通貨の低迷などで期待を下回ったものの、悪材料が出てしまえば態度は変わるもので、ひとまず売りは終了して今週は+13%。SOX指数は+8%でした。

主力では、アップルが+9%、テスラが+14%など人気銘柄が総じて堅調。JPモルガンが+12%と、金利低下傾向でも金融に買いが入りました。

大きく売り込まれたハイグロETFのARKKは+7%。

トラベル系も、デルタ航空+9%、カーニバルクルーズが+6%、マリオットホテル+11%などと反発。

住宅ローン金利が2週連続下がったこともあり、トールブラザーズが+7%などハウジング銘柄も堅調でした。

総じて、資産防衛策が講じられている富裕層の消費はさほど悪くないという認識が広まったようにも感じられます。

米長期金利が今月初めの3.1%から2.7%台にまで低下し、FRBの利上げスタンスが9月以降は弱まるだろうとの観測など、全般に金利環境への落ち着きが想定されてきたことや、何より株価そのものが相当程度下がったことで、株保有への嫌悪感は低下しました。

今週の株式は、長く続いた下げ行動からの衝動的な反発買いの部分があり、とりあえずは何でも「ショート中止」のムードでしたが、今後も金利上昇かつFRBの資産圧縮という厳しい外部環境は強まるので、株式市場全般の急上昇は見込めず、逆風に耐えられる銘柄への選別投資が強まるものと予想します。

|

« 今週の相場(5/20時点) | Main | 今週の相場(6/3時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(5/20時点) | Main | 今週の相場(6/3時点) »