« 今週の相場(6/17時点) | Main | 今週の相場(7/1時点) »

June 26, 2022

今週の相場(6/24時点)

今週のS&P500は+6.4%、NASDAQは+7.5%、日経平均は+2%。

米長期金利は3.23→3.13%に低下、ドルインデックスは金利に合わせて104.7→104.1に若干低下しましたが、ドル円は134円90銭→135円20銭と小幅ながら上昇でした。

米国株は予想以上に反発し、チャート的には過去の底入れと同様のパターンにも見えます。

株価が好調ならFRBはより強めの利上げを実行できるという現在のファンダメンタルズからすれば、これはFOMCの間隙を縫った一時的なアヤ戻しかもしれませんが、大きな意味でのリバランス開始という可能性もあり、両にらみ対応のため、米国株を少し買戻しました。

為替市場では世界的に円の弱さが注目ですが、米長期金利が若干低下でも円安と、円を売りたい勢力は依然強いように見えます。

コモディティ市場では、ほとんどが下落。銅は7%安、WTIは2%安、天然ガスと小麦は11%安と、不景気トレードの様子です。

金利先物市場では、年末の予想最多金利レートが、3.75%→3.50%に低下しており、今週の株価反発は、利上げが想定より早く終了して早期利下げに転じるとの思惑が強まったことにあるとの解説もされています。

既にリセッション後も睨んだような、大変な先見性です。

個別では、テスラが+15%、アマゾン+12%、アップルとマイクロソフトが+9%など、主力に買い戻しが入り、逆にエクソンが5%安、シェブロン7%安など、エネルギー株は不調。

端的に言うと、エネルギー以外は全部上昇といった風景です。

株価と円の相関について考えてみると、現在の高金利下で株価反発が継続した場合は、リスクオン気分が背中を押し、米国のドル高容認姿勢と相まって、ドル円は今のトレンドが続きそうです。

仮に、株価反発が短期で終わってリスクオフ気分が広がった場合、一般的には株安→ドル安となりそうですが、振り返って90年代以前のインフレ局面では経済サイクルに時間差があり、株価の下げに対してドルの下げには遅行性が観測されていました。

下記のグラフは、楽天証券トウシル「【米国株/為替】円安=幸運の最強投資(田中 泰輔)」からお借りしました。

20220525

現在の社会情勢は、20世紀型の戦争が起こり、自由貿易体制が衰退して東西分裂が激化し、アメリカで中絶の権利が半世紀振りにひっくり返されるなど、近代的な経済合理性よりもイデオロギー重視の傾向が強まっていますので、相場にも昔のパターンが復古するかもしれません。

そもそも円を担保する日銀の財務内容は、当時とは比較にならないほど劣化していますので、中長期的な生活防衛をテーマにした場合、いずれにせよ「円安保険への加入」は必要だと思われます。

|

« 今週の相場(6/17時点) | Main | 今週の相場(7/1時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(6/17時点) | Main | 今週の相場(7/1時点) »