« 今週の相場(6/24時点) | Main | 今週の相場(7/8時点) »

July 03, 2022

今週の相場(7/1時点)

今年も前半終了ですが、株式相場にとっては惨憺たる6か月でした。

S&P500は、2021年の1年間で27%上がり、この半年(22年上半期)で21%下がりました。1年半の通算では「変わらず」です。

同様に見ていくと、
DOWは+19%→▲15%で変わらず、NASDAQは+21%→▲30%で通算15%の下げ。
日経平均は、+5%→▲8%で通算3%の下げです。

今週のS&P500は2.2%安、NASDAQは4%安、日経平均は2%安と、先週の反発は持続しませんでした。

米長期金利は3.13%→2.8%に大きく低下、ドルインデックスは金利と逆に104.1→105.1に上昇、ドル円は135円20銭近辺で変わらずですが、一時137円タッチがありました。

投機的と言われるシカゴ筋の円(対ドル)ショートポジションは6週連続で減っていますが、円安トレンドに大きな変化は感じられません。

株式市場では大きな意味でのコロナバブル清算の動きが継続中ですが、市場の関心はインフレからリセッションに移行し、長期債が買われました。

これまではインフレによる金利上昇が嫌気されて株が売られてきましたが、金利が下がってきても不景気懸念で売られています。こうした局面では、買えるセクターは極めて限定的です。

景気後退がほぼ確実と考える市場目線では、今後の企業決算は、売上の伸び悩みとコストアップによる挟み撃ちで低迷することが予想されています。

特に景気敏感な半導体株は苦戦が長期化。マイクロンが木曜日に発表した6─8月決算見通しによれば、四半期ベースで売上が17%程度減少し、EPSは2.59$から1.63$と4割程度落ちるという内容でした。

高級家具の「RH」も売上見通しの下方修正が入り、今週18%の下落。この銘柄は、昨年夏の700$から220$まで降りてきており、半値八掛け二割引きを体現しています。

コモディティ市場では、金は小動きですが、銀が6%安、銅が3%安と、産業用途の減少予測が反映された格好です。

WTIはほぼ変わらずですが、小麦が9%安となり、ウクライナ侵攻前の水準に戻りました。ロシア軍が黒海のズメイヌイ島から撤退し、ウクライナからの海上輸出路が確保されそうとの報道がありました。

CRB指数はこの1か月で10%程度下落して、ピークアウトの様相を見せています。

米国個別銘柄では半導体の下げがきつく、エヌビディアとAMDが15%安、マイクロン8%安、インテル6%安。今週のSOX指数は10%安と、NASDAQの4%安を大きく上回っています。

グーグルとテスラが8%安、アマゾン6%安と、先週の反発から一転してマイナス。

公益セクターが強く、電力のデュークエナジーが+5%と、投資家のディフェンシブ気分が窺えます。

各指数チャートは200週移動平均線近辺でどうにか止まりそうな形状となっており、流石に値ごろ感からの買い支えが効いているようですが、どこまで業績が悪化するのかを織り込むことは現時点では難しく、業績下方修正ニュースには敏感に反応する可能性がありそうです。

株価との相関が強いとされるISM製造業景気指数6月分は53.0と、前月の56.1から低下。新規受注指数が節目の50を下回ったほか、雇用指数が2カ月連続で低下し、景気が冷え込みつつあることが確認されたと解説されています。

過熱気味の景気が冷却されてインフレ率が下がってくるなら歓迎でしょうが、それに伴って企業業績が悪化するのはネガティブなので、どっちみち悪材料は残りそうです。

もう一段の大きな下げを期待する(?)待機マネーは結構ありそうですが、逆に言えば、まだ恐怖が足りない状態で、相場は既に夏枯れという見方もあり、大きくは動きにくい環境かと思われます。

米国株の強気派は、「米中間選挙の日程をにらみ、FRBが今年のジャクソンホールシンポジウムの前後で不況に向かっていることを認め、市場は2022年の年末に利下げを開始する」というシナリオに乗っているとされています。

仮にこれが正しいとしても、動き出すのは9月です。秋に買って春に売るというアノマリーは機能するでしょうか。

株は日米とも、少し保有していますが、キャッシュ9割状態です。

|

« 今週の相場(6/24時点) | Main | 今週の相場(7/8時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(6/24時点) | Main | 今週の相場(7/8時点) »