« 今週の相場(8/19時点) | Main | 今週の相場(9/2時点) »

August 28, 2022

今週の相場(8/26時点)

今週のS&P500は4%安、NASDAQは4.4%安、日経平均は1%安。株式は2週連続の反省気分です。

米長期金利は2.97%→3.0%に上昇、ドルインデックスも108.1→108.8へ上昇、ドル円も136円80銭→137円50銭とドル買いが進み、ドルインデックスは年初来高値圏にあります。

ジャクソンホールでのパウエル議長講演は、いつもは長い割に内容が無いと批判されますが、今回は短く「景気より物価」だけを強調し、意識的にタカ派を演じました。

ある程度予想された内容ですが、株式市場の楽観を剥落させるには十分だったようで、金曜だけでNASDAQは4%下げ、SOX指数は6%下げました。

そもそも昨年は同じ場所で、インフレは一時的と話して結果的に大恥をかいたのですから、同じ轍は踏みたくなかったということかと思います。

CMEのFedwatchによれば、年末FFレートは3.5-3.75%、来年7月は3.75-4.0%が予想最多となっており、来年前半も1回利上げの可能性が織り込まれ、早期に利下げ姿勢へ転換するとの観測はほぼ消えました。

一方、債券市場での金利上昇は小幅。債券投資家にとってパウエル議長の話は特に目新しいものではなかったようで、ドル円も先月の139円までは届いていません。

コモディティ市場では、WTIが2%高。CRB指数は6月初旬の高値から1か月で2割下がって、その後の1か月で1割アップと半値戻しに近い格好となっており、資源価格主導のインフレ再燃が懸念される状況と言えるかもしれません。

バイデン政権はインフレ対策としてイラン産原油の輸出を認める方向に動こうとしていますが、その場合にはサウジが減産して原油価格の値崩れを防ぐことになるものと予想されています。

今週の個別主要銘柄は、エクソンとシェブロンが4%アップで、その他はほぼ5~6%ダウンというシンプルな風景です。

それ以上に下がった銘柄を探すと、予告どおり悪い決算のエヌビディアが9%安、訴訟絡みで売られたスリーエムの11%安が目立ちます。SOX指数は5%安とNASDAQよりも振幅が大きく、景況感に依存する半導体銘柄は、荒っぽい値動きが続きます。

この1か月ほどの株価反発に関しては、なかなか付いていけない人が多かったと思われますので、そうした人たちにとっては納得できる下げでしょうが、一方で6月安値まで下がった訳でもありません。

ざっくり言って、NASDAQは10800から13100まで買われて今12100ですから、上昇分の半分以上はまだ残っています。

悲観的に見れば、まだ緩みが残っているになるでしょうし、楽観的に見れば、楽観し過ぎの部分が一部剥がれただけで底を打ったことに違いはない、ということになりそうです。

ドル円に関しては、やや上昇の勢いが弱まった感もあり、流石にこの3月からの円安は終盤戦だろうという見方も出てきていますが、日本の国家財政は極めて脆弱であり、日銀は円安政策を変えていないので、このまま長期的にダラダラと円が下落し続けていく可能性も十分あると思われます。

 

|

« 今週の相場(8/19時点) | Main | 今週の相場(9/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(8/19時点) | Main | 今週の相場(9/2時点) »