« 今週の相場(9/16時点) | Main | 今週の相場(9/30時点) »

September 25, 2022

今週の相場(9/23時点)

今週のS&P500は4.6%安、NASDAQは5.1%安、日経平均は1.5%安。DOW指数は年初来安値です。

米長期金利は3.45%→3.69%に上昇、ドルインデックスは109.6→113に上昇、ドル円も142円90銭→143円30銭へとドル高が進みました。

21日のFOMCでは、予想どおり0.75%の利上げ。FRBメンバーが予想する年末金利は4.4%と前回の3.4%から上方修正され、来年末時点も4.6%と前回の3.8%から切り上がりました。

CMEのFedWatchでの年末金利は、4.25-4.5%が予想最多ですので、残り2回のFOMCで1.25%の利上げが織り込まれています。11月FOMCでは、4回連続の三段跳びが見られそうです。

日本政府は為替市場に単独で円買い介入しましたが、貴重な外貨を無駄遣いする愚策という評価になると思います。「介入は買い場」が法則ですから、ドルを買い増ししました。

介入は一時的に145円を140円まで押し下げましたので、倍返しで150円という分かりやすい目標が設置されました。

英国政府はインフレ対策として大型減税と国債発行増額を決めましたが、英国は株、債券、通貨のトリプル安に見舞われました。ポンド/ドルは先週の1.14から1.08に急落し、パリティ予想が増えています。

ポンドと言えば1992年、ジョージ・ソロスによるポンド売りが有名ですが、あの時もポンドを買い支えようと市場介入していたイングランド銀行が白旗を揚げました。

コモディティ市場では、WTIが7%安、ドクターカッパーが5%安。

市場の懸念はインフレと不景気両方となり、買えるリスク資産が殆ど無くなってきました。ビットコインも節目の2万ドルを下回っています。

個別銘柄は、ほぼ全面安で、アマゾン8%安、テスラ9%安。資源安を反映してエクソン、シェブロンが8%安。

半導体は、AMDが2週連続での二桁安と叩き売られ、エヌビディアは5%安、インテルが6%安。SOX指数は6%安で年初来安値です。

2年と10年の逆イールドは、1か月前が0.25%、1週前が0.42%、現在が0.51%と次第に深まってリセッションを強く示唆しており、リセッションの前には、株式市場の大きな下落が来ることが知られています。

VIX指数は30、Fear & Greed Indexは24と、かなり恐怖感が増してきましたが、今年最悪の数値ではありませんし、S&P500の予想PERは16倍台と、割安というよりは普通です。

一つの下げ目安だった年初来安値レベルに達したことで、株式市場の下落スピードが遅くなる可能性はあると思いますが、政策金利はまだ上昇していくことが確実なので、ダメ押し的なメルトダウンが起こっても不思議ではありません。

S&P500の年初来下げ率は23%。1970年以降7回のベアマーケットでは、年間20%~56%安なので、今の23%安で止まる可能性もありますが、仮に平均の38%だと、ここから2割下げる必要があります。

2割下げても耐えられる軽いポジションにしつつ、ここから大きなドスンがあれば、少し買ってみても良いかなと思います。

|

« 今週の相場(9/16時点) | Main | 今週の相場(9/30時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(9/16時点) | Main | 今週の相場(9/30時点) »