« 今週の相場(11/24時点) | Main | 今週の相場(12/8時点) »

December 03, 2023

今週の相場(12/1時点)

今週のS&P500は+0.8%、NASDAQは+0.4%、日経平均は0.6%安。

米長期金利は4.47%→4.20%、ドルインデックスは103.4→103.2、ドル円は149円40銭→146円85銭と、金利安ドル安でした。

ドル円は下げトレンドが明確になっており、円高ドル安材料に敏感です。金曜日にISM製造業景気指数が46.7と予想の47.6を下回って米金利が下がると、148円台から146円台へと、ストンと下に落ちました。

株式では、ダウ(DJI)が好調で、2.4%上がって年初来高値。その他、ラッセル2000が+3.1%、ARKKが+8%と、大型銘柄のみならず、小型株やキラキラ系などへの物色の広がりが感じられます。

コモディティ市場では、金(ゴールド)が+4%、銀が+5%と買われ、金は史上最高値を更新しました。中国やポーランド、シンガポールの中央銀行の購入が目立つと報道されています。

一方、WTIは2%安。延期されていたOPECプラス会合は、30日にオンラインで開催され、複数国が「自主的な」追加減産で合意と伝えられたものの、そのとおりに実行されるのか市場は懐疑的で、WTIは続落しました。

原語の「voluntary」は、気が向けばやる、という意味に取れなくもありません。

29日発表のPCEデフレーター。10月は前年比+3.0%と、前月の+3.4%から鈍化し、前月比では伸び率ゼロ。9月時点でのFRBメンバー予測中央値は3.3%ですから、上出来の結果となっています。

コアPCEも+3.5%と、前月の+3.7%から伸び率縮小。インフレの鎮静化は順調と判断できる数値でした。

個別で目立つのは、クラウドサービスが好調だったセールスフォースの+16%で、ダウ指数の上昇を牽引しました。同じくダウ銘柄のボーイングも+6%と続伸。

グーグル、メタが4%安、マイクロソフトが1%安と、今週のなんちゃらセブンは一休み。

半導体では、大将のエヌビディアが2%安。IT の仮想化市場に強いVMware(ヴイエムウェア)を買収して1000人以上のリストラを実施したブロードコムが5%安。SOX指数は0.3%安と、先月中旬以降は横這い模様です。

金融系は総じて堅調で、ウェルズファーゴやシティ、バンカメが+4~5%、アメックスは+6%。「10y-2y」の逆ザヤは、先週の0.5%から0.34%に改善しています。

市場は来年の利下げに前のめりになっており、FedWatchでは、3月FOMCまでの利下げを63%が予想しています。

利下げするということは、景気が悪くなるということであり、景気悪化による企業業績の低下と、利下げによる追い風と、どちらが上回るのか私には良く分かりませんが、市場のムードは利下げを歓迎する準備に見えます。

「Fear & Greed Index」は67のGREEDゾーンで、今年の最高値(最楽観)83までは、まだ少し距離がありますが、ある程度弱気な人が残っていないと、相場は上がりません。

個人的には、円高と株高が相殺し合って動きが少ない状況ですが、年前半の株高で利益が出ていますし、円高への準備も終えているので、のんびりと年末に向かう予定です。

|

« 今週の相場(11/24時点) | Main | 今週の相場(12/8時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(11/24時点) | Main | 今週の相場(12/8時点) »