« 今週の相場(1/19時点) | Main | 今週の相場(2/2時点) »

January 28, 2024

今週の相場(1/26時点)

今週のS&P500は+1.1%、NASDAQは+0.9%、日経平均は0.6%安。日本株は、2週前の+6.6%があまりに性急だったため、日柄調整中です。

米長期金利は4.13%→4.14%、ドルインデックスは103.2→103.5、ドル円は148円15銭で変わらずと、金利と為替に大きな動きはありません。

昨年10-12月期の米GDP速報値は前期比年率+3.3%で予想以上でした。

23日の日銀会合では緩和政策に変更なし。総裁会見は、「物価目標の達成に向けた確度は引き続き、少しずつ高まっている」と、比較的タカ派と解釈され、MUFJが+3.6%など銀行業が+2.9%と、金利上昇を織り込もうとする動きがありました。

米PCE総合価格指数は前月比+0.2%、前年比で+2.6%と、予想に一致。PCEコア価格指数は前月比+0.2%、前年比+2.9%と、予想よりやや低め。

物価関係の統計で特段のサプライズは無く、3月FOMCでの予想は、利下げと現状維持がほぼ半数で拮抗しています。

コモディティ市場では、金・銀・銅が小動きで、WTIが+7%。好調な米国景気、在庫減、そして寒波による一部精製工場の稼働停止などが材料視されています。

紅海やアデン湾での商船攻撃も続いており、原油相場に弱気になるのは難しいという声が聞こえてきます。

個別では、大型テック銘柄が総じて堅調で、大きく会員数を伸ばしたネットフリックスは+18%。足元の実績PERは70倍近く、相当の利益伸長が必要です。

競争激化のテスラは14%安ですが、こちらも割高。テスラ信者に支えられています。

半導体は、弱気見込みのインテルが9%安。アナログ半導体に強いテキサスインスツルメンツが6%安などで、SOX指数は0.8%安。そもそも先週の+8%が異常でした。

オランダのASMLは好決算で15%も上がりましたが、CEOは「半導体サイクルは依然として底」と発言し、対中国輸出規制の影響等から、2024年売上の見通しを据え置きました。

金融では、見通し強気のアメックスが+10%に対してビザは1%安と、明暗分かれています。

米国経済に急激な景気後退の様子は見られず、概ね+3%の物価に対して5%超の政策金利は高すぎるので、今年のどこかで利下げ局面になっていくことが確実視され、株価は下支え要因が大きい現状です。

シンガポールのヘッジファンド「アジア・ジェネシス・アセット・マネジメント」がファンド閉鎖に追い込まれました。彼らは、中国株ロング日本株ショートという伝統的な戦略(?)で破綻しました。こうしたファンドの丸焼けが、今年第二週の日本株急上昇をもたらした影の主役だった可能性は高そうです。

いずれにせよ、米国株が堅調である限りは日本株への見直し気分が継続すると思われ、今週の日経平均は一時36985円と、37000円目前までありました。

依然として日本株への関心の高さが感じられるので、日本株を昨年よりはやや多めのポジションで維持し、米国半導体株など余りにチャートが急峻な場合は少し利確するといった対応にしています。

なお、トルコのインフレ率は+65%ですが、中銀は金利45%で利上げ打ち止めしました。現在のトルコリラは金利を含めると、対ドルでプラスリターンとなっており、中銀の思惑通りにインフレが収まっていくのかどうか、同国の通貨と株が注目されます。

|

« 今週の相場(1/19時点) | Main | 今週の相場(2/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(1/19時点) | Main | 今週の相場(2/2時点) »