« 今週の相場(3/22時点) | Main | 今週の相場(4/5時点) »

March 31, 2024

今週の相場(3/29時点)

今週のS&P500は+0.4%、NASDAQは0.3%安、日経平均は1.3%安。

米長期金利は4.20%→4.21%、ドルインデックスは104.4→104.5、ドル円は151.42円→151.35円と、ほぼ変わらずでした。

注目された2月の個人消費支出(PCE)データは、前年比+2.5%で、予想と一致。前月比では+0.3%と、1月の+0.4%より鈍化。

食品とエネルギーを除いたコアPCE指数は前年比+2.8%と、伸び率は2年11カ月ぶりの低水準。前月比では+0.3%で、1月の+0.5%から減速しました。

住宅・エネルギーを除くスーパーコアは前月比+0.2%と1月の+0.7%から鈍化。

パウエル議長はこれを受けて、「概ね私たちの期待に沿った内容で、今回の結果に過剰に反応することはない」と発言しました。

ざっくり言って、CPIは都市部の家賃のウエイトが高いために上振れしやすく、逆にPCEは比較的落ち着いた道筋を辿りやすいと言えそうです。

いずれにせよ、市場予想どおり6月に利下げが実施されるかどうかは、今後の指標次第かと思われます。

個別では、全体に調整模様となり、マイクロソフトが2%安、メタが4%安など。

ナイキは7%安。年初来で13%安と冴えません。

半導体では、マイクロンが+7%と好調を維持しましたが、エヌビディアが小動きで、SOX指数はほぼ変わらず。

コモディティ市場では、金が+4%、WTIが+3%。年初来では、それぞれ+9%、+16%と堅調ですから、ドルの購買力は相当程度落ちていることになります。

通常、今のような高金利状態で金(GOLD)が買われることは珍しいので、金と金利の関係が変わりつつあると考えておいた方が良さそうです。

ロシアの一部銀行がSWIFTから締め出されるなど国際金融は分断し、ドルは誰でも安心して保有できる共通通貨としての存在が低下しています。

結果としてドル離れが起こり、株、金、原油、ビットコインなど現金から様々なアセットへの逃避が発生し、そのトレンドはまだ継続しそうに見えます。

年初来でS&P500が+10%に対してエクソンは+16%と、資源高の影響が出ていますが、資源高は要するに通貨安です。

なお、この1週間ほどドル円が膠着しているのは、介入が怖いからではなく、介入したら買おうと待ち構えているからでしょう。

|

« 今週の相場(3/22時点) | Main | 今週の相場(4/5時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(3/22時点) | Main | 今週の相場(4/5時点) »