June 17, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(6/13時点)

       (6月13日) (6月6日) (増減)
カナダドル ▲88595  ▲94501  +5906
スイスフラン ▲14460 ▲16555  +2095
ポンド    ▲39441 ▲36716  ▲2725
円      ▲50553 ▲55027  +4474
ユーロ    79053   74009  +5044
NZドル   1595   ▲1785  +3380
豪ドル   ▲1511  ▲114   ▲1397

全体にポジションは小動きですが、増減はプラスが多く、ドル弱気がやや優勢に見えます。
ユーロのロングポジションも増加しています。

そろそろピークアウトが懸念される米国経済に比べると、欧州はこれから良くなるのでは、と考える人は多いようで、先月のWSJは投資資金の欧州シフトとの記事を載せています。

ドルインデックスは先週の97.28→97.14と、年初来の最低位レベルで底練り的な様相かと思われます。

景気のベクトルとしては欧州>米国かもしれませんが、ドルの下げ渋りやユーロのネットロングポジションが巻き戻される可能性を考えると、むしろユーロを売るという選択もあろうかと思い、短い周期でユーロ叩きを試しています。

今週のFOMCでは、予想どおり米FFレートが上がり、ターゲットレートは1.00~1.25%となりました。

今後についてイエレン議長は、バランスシートの縮小と利上げを平行して実施することも否定せず、今後の物価動向にも強気の姿勢を見せましたが、5月の米CPIは前月比▲0.1%とマイナスに転じ、前年比でも4月の+2.2%から+1.9%に鈍化。

市場としては、議長ほど強気になれない心理と思われ、9月の利上げについては、13%程度の織り込みとなっているようです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/13時点)"

| | Comments (0)

June 10, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(6/6時点)

      (6月6日)  (5月30日) (増減)
カナダドル ▲94501   ▲98187 +3686
スイスフラン ▲16555  ▲18512 +1957
ポンド    ▲36716   ▲29651 ▲7065
円      ▲55027   ▲52275 ▲2752
ユーロ    74009    72869  +1140
NZドル   ▲1785   ▲5539  +3754
豪ドル    ▲114     3067  ▲3181

増減はマチマチ、かつ5桁の動きは無し。
特段の方向感は見えません。

ドルインデックスは今年のピークから6%近くも下落し、流石に下げ止まりのような雰囲気です。
Dxykkk

ドル円は今週、一時109円台にまで円高になりましたが、週末には110円台に戻って終了。
英選挙、ECB、コミー証言などへの警戒感があったのかもしれませんが、DOWが新高値を付けるなど、依然として株式市場が強いことが更なる円高を食い止めている様子です。

但し、これまで無敵だったハイテク銘柄にも変調の兆しがあり、一部ではフラッシュクラッシュが発生。
例えばアマゾンは一時10%急落し、大きな下髭を形成しました。
Amznnnhh4

チャートでは上昇基調が崩れていないとも解されますが、相場が癇癪を起こしやすくなっていることには注意が必要かと思います。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/6時点)"

| | Comments (0)

June 03, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(5/30時点)

     (5月30日)   (5月23日) (増減)
カナダドル ▲98187   ▲99109  +922
スイスフラン ▲18512  ▲19785  +1273
ポンド   ▲29651   ▲23867  ▲5784
円    ▲52275    ▲51656  ▲619
ユーロ  72869      64845  +8024
NZドル ▲5539     ▲9217  +3678
豪ドル  3067      2635    +432

あまり大きな動きは見られませんが、全体的には増減プラスが多く、ドル弱気がやや優勢のようです。

この1週間のドルインデックスです。
Dxyyk452
雇用統計が発表された金曜日に一段と売られました。

雇用統計の概要は、
雇用者数が13.8万人増と市場予想の18.2万人増を下回り、前月の21.1万人増は17.4万人増に下方修正。
失業率は4.3%と前月の4.4%よりも改善し、景気後退以前どころか2001年5月以来の水準。
平均時給は前月比0.2%上昇の26.22ドルと市場予想並みでしたが、前年比は+2.5%と期待された2.6%に届かず。
労働参加率は62.7%と、前月の62.9%から低下して年初来で最低。
フルタイムとパートタイムの増減数では、フルタイムが36.7万人減、パートタイムは13.3万人増。

労働参加率の低下もあって失業率は改善しましたが、賃金はあまり上がっておらず、全体としては冴えない結果と受け止められたようです。
要するに、仕事はあるけど安い、ということでしょうか。

米長期金利は2.16%まで低下。
Usinteresstggg7
チャートを見る限り、ずるずる2%まで下がってしまいそうにさえ見えます。

株式は上昇。
週間上昇率は、DOW+0.6%、SP500+0.9%、NASDAQ+1.5%と依然IT有利です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/30時点)"

| | Comments (0)

May 28, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(5/23時点)

       (5月23日)  (5月16日) (増減)
カナダドル  ▲99109   ▲98000  ▲1109
スイスフラン ▲19785   ▲21162  +1377
ポンド     ▲23867  ▲32995  +9128
円       ▲51656  ▲60008  +8352
ユーロ    64845    37604    +27241
NZドル   ▲9217   ▲11954   +2737
豪ドル    2635     6344    ▲3709

欧州通貨が強く、資源通貨は弱いというポジション傾向は続いているようです。

但し、現実の為替市場で先週比を見ると、ユーロ/ドルが1.12→1.117、ポンド/ドルが1.30→1.28といずれも下がっており、トレードの難易度は上がっているようです。

ドルインデックスです。
Dxy052996
さすがに下げ渋っています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/23時点)"

| | Comments (0)

May 20, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(5/16時点)

       (5月16日)  (5月9日) (増減)
カナダドル  ▲98000   ▲86215 ▲11785
スイスフラン ▲21162   ▲15196 ▲5966
ポンド    ▲32995   ▲46798  +13803
円      ▲60008   ▲36307  ▲23701
ユーロ    37604    22399   +15205
NZドル   ▲11954  ▲10786  ▲1168
豪ドル    6344     25784  ▲19440

先週は、欧州通貨が強く、資源通貨が弱いという傾向が観察されましたが、その心理は継続しているようで、ユーロやポンドがプラス、カナダドルや豪ドルはマイナスの方向性となっています。

現実の為替市場では、ユーロ/ドルが1.08→1.12、ポンド/ドルが1.28→1.30と上昇、豪ドル/ドルは0.737→0.745と上昇、ドル/カナダドルも1.37→1.35とカナダドルが上昇。
ポジションの方向性に関わらす、ドルの弱さが際立つ格好になりました。

ドルインデックスです。
Dxykk563
大統領選挙前日の11月7日の97.7も下回りました。

しかしながら、米10年債金利は、11月7日の1.82%→2.23%。
トランプの政策で景気刺激→金利上昇→ドル高→株高、というシナリオの中で、ドル高が消えました。

元来、米国株はドル安が好きなので、ドル安でもドル高でも株高は有り得ますが、金利上昇とドル高が相関するというシナリオは賞味期限切れとなりつつある中、比較的持ち堪えていたドル円相場も崩れ、先週の113円台後半→111円前半まで円高になりました。

株式も一時崩れ、DOWは水曜日に▲373$の急落がありましたが、週間では▲88$と僅かな下げ。
そもそも高い位置にいるので、トランプ政権のスキャンダル等によってよろめきやすいものの、すぐに倒れるほどバランスを崩してはいないように見えます。
   

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/16時点)"

| | Comments (0)

May 13, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(5/9時点)

       (5月9日)  (5月2日) (増減)
カナダドル ▲86215   ▲47704 ▲38511
スイスフラン ▲15196  ▲17708 +2512
ポンド    ▲46798   ▲81364 +34566
円      ▲36307   ▲30483 ▲5824
ユーロ    22399    ▲1653 +24052
NZドル  ▲10786    ▲11970 +1184
豪ドル   25784     42675  ▲16891

ユーロのネットポジションがプラスに転じましたが、これは2014年4月以来で、3年振りです。
ポンドの売りも大きく減少。

カナダドルや豪ドルは大きくマイナス。

欧州通貨の弱気が減る一方で、資源国通貨には売りが増えているという傾向が見られます。

ドルインデックスです。
Dxyy2556
先週の98台よりは若干持ち直してはいるものの、1月のピークからは下げトレンドにあるものと見られます。

米長期金利。
Usikinnru45
2.3%は維持していますが、FRBの姿勢に変化があれば、再び2.3%割れもありそうな、不安定な印象を受けます。

金利に関して気になった記事は、中国の逆イールド。
Is A Chinese Recession Imminent? Yield Curve Inverts For First Time Ever
5年が3.71%、10年が3.68%と逆転。

中国は人民元安対策で為替を規制したため、ひとまず資本逃避は止まったように見えますが、一方で国内がジャブジャブになって不動産等が再びバブル化し、かつシャドーバンキング規制が厳しくなり、債券市場が混乱しているとの見方があります。

資源国通貨が弱いというのは、中国関連が弱いというのと同義です。
特に悪い決算ではなかった三井物産や三菱商事も売られています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/9時点)"

| | Comments (0)

May 06, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(5/2時点)

       (5月2日)  (4月25日) (増減)
カナダドル ▲47704   ▲42642  ▲5062
スイスフラン ▲17708  ▲17317  ▲391
ポンド    ▲81364   ▲91182  +9818 
円      ▲30483   ▲26869  ▲3614
ユーロ    ▲1653    ▲20895 +19242
NZドル   ▲11970   ▲15404  +3434
豪ドル    42675     42702  ▲27

先週はポンドの上昇トレンドが観測されましたが、今週はユーロのネットショートポジションがほぼ解消され、欧州通貨への弱気が減っています。

フランス大統領選で波乱が起こる可能性は殆どないと、投資家は見ているものと思われます。

日本はGW中ですが、ドル円は先週の111円50銭→112円70銭と堅調、日経平均CFDは5月2日終値199445円からプラス287円と、こちらも好調。

VIX指数も低位で推移し、世界中で緩慢なリスクオンムードとなっています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/2時点)"

| | Comments (0)

April 30, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(4/25時点)

       (4月25日) (4月18日) (増減)
カナダドル ▲42642  ▲33252  ▲9390
スイスフラン▲17317  ▲13802  ▲3515
ポンド   ▲91182   ▲99490  +8308
円     ▲26869   ▲30463  +3594
ユーロ   ▲20895  ▲21649  +754
NZドル  ▲15404  ▲15006  ▲398
豪ドル   42702   43262    ▲560

増減はマチマチで、ドルの強弱に明確な方向性は見出しにくい状況が続いていますが、実際の相場ではポンドの上昇が目立ちます。

ポンドドル(↓)を見ると、ポンドが大きく反転し始めたのは4月18日で、メイ首相が総選挙を前倒しすることを発表した日です。
Pondddoruhh7

なぜ選挙をするとポンドが強くなるのか、という理屈は何とでもつけられるでしょうが、ともかくポンドのショートポジションはまだまだ大量に残っているので、ポンド買い予備軍はいっぱいいる、という状況です。

もはやポンドの上昇はトレンドを形成したという見方も出来そうですが、何しろポンドの暴れっぷりは有名で、非常に儲けにくい通貨ですので、仮にトレンドが出ているとは言え、FXで取り組むには相当の慎重さが求められます。
個人的にもポンドに良い思い出はありません。

ドルインデックスです。
Dxyhhh555
今月初めには100を維持していましたが、99まで低下しました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(4/25時点)"

| | Comments (0)

April 22, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(4/18時点)

      (4月18日)  (4月11日) (増減)
カナダドル ▲33252   ▲32344  ▲908
スイスフラン ▲13802  ▲10128  ▲3674
ポンド   ▲99490   ▲105901  +6411
円     ▲30463   ▲34764   +4301
ユーロ  ▲21649   ▲18956   ▲2693
NZドル  ▲15006   ▲15153   +147
豪ドル  43262     45151    ▲1889

増減はマチマチで、大きなポジションシフトは見られません。
ドルのトレンドははっきりせず、動きにくい状況と言えるでしょうか。

ドルインデックスです。
Dxtyhh45

100を巡る攻防、というよりは、ダラダラともたれ合うような推移が続いています。

米長期金利。
Usinterrfg45
一時、2.16%と、2.2%を切る低さにまで落ちましたが、現在は2.24%。

2.3%のサポートラインを切ったことで、センチメントが一段下がった、ということは言えそうです。

CMEの金利先物市場では、12月末の金利が1.17%で取引されていますが、これは2週間前よりも0.1%ほど低い水準。

年内に2回以上の利上げを予想する割合は43%となり、これは1ヶ月前の54%から11%減少。

金利・債券市場は、トランプ期待相場の水準を切り下げて、やや警戒モードに入りつつあると言えそうです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(4/18時点)"

| | Comments (0)

April 15, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(4/11時点)

       (4月11日)  (4月4日) (増減)
カナダドル ▲32344    ▲30225 ▲2119
スイスフラン ▲10128   ▲13825 +3697
ポンド    ▲105901   ▲99673 ▲6228
円      ▲34764    ▲45800 +11036
ユーロ    ▲18956    ▲11405 ▲7551
NZドル   ▲15153    ▲14724 ▲429
豪ドル    45151     49593  ▲4442

増減はマチマチですが、ドル円は円ショートが継続的に減少傾向。
ピークの87000枚と比べて、その4割水準となりました。

ドルインデックスです。
Dxyhjk452

どうにか100を維持していますが、これは昨年11月中旬のレベルであり、トランプ効果は1週間分くらいしか残っていないとの見方も可能です。
 

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(4/11時点)"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧