November 26, 2022

今週の相場(11/25時点)

今週のS&P500は+1.5%、NASDAQは+0.7%、日経平均は+1.4%。

米長期金利は3.83%→3.69%、ドルインデックスは107→106.1、ドル円は140円40銭→139円20銭と、いずれも低下しており、先週のドル高株安から反転し、メインシナリオのドル安株高軌道に復帰しました。

23日に公表されたFOMC議事録で殆どの参加者が、利上げペース鈍化が間もなく適切になるとの見方に同意したことが分かり、米金利は低下し、株価には援軍でした。

FedWatchでは、来月の利上げは0.5%にとどまるとの予想が76%と、先週同様の数値となっています。

コモディティ市場では、WTIが4%下落。原油市場は依然として中国での需要減退観測などを反映して弱気モードであり、チャートは50日線の下にあります。

原油価格の低下は日本の貿易構造にとっては有難いことで、円高要因です。

原油価格が主因では無いものの、ドル円は、およそ1か月前の151円をピークにほぼ一貫した下落基調にあり、今は一時的に140円を回復するのが精一杯のように見えます。

ドル円ロングの建玉は依然として相当残っていると見られており、今後の米経済指標が弱い際には、一段の調整が避けられないのではないかとの見方が優勢かと思われます。

Continue reading "今週の相場(11/25時点)"

| | Comments (0)

November 20, 2022

今週の相場(11/18時点)

今週のS&P500は0.7%安、NASDAQは1.6%安、日経平均は1.3%安。

米長期金利は3.81→3.83%に上昇、ドルインデックスは106.4→107へ上昇、ドル円は138円80銭→140円40銭へ上昇と、先週の大きなドル安株高の反動で、小幅にドル高株安でした。

FRBは一本調子の株高を望んでおらず、相場はセントルイス連銀ブラード総裁の「FFレート最大7%発言」を受け、素直に小休止を選択した格好かと思われます。

同総裁は1か月前には、積極的な利上げ前倒しを来年初めまでに終わらせて来年はインフレ沈静化に伴って小さな調整で十分だろうとの発言をしており、株価を見ながら発言トーンを修正しているようです。

FedWatchによると、12月FOMCでの利上げ幅は、0.5%が76%と、先週から5%ほど減って逆に0.75%予想が増えています。来年6月は5.0-5.25%が最多と、先週の一歩後退から一歩前進して2週前の位置。

コモディティ市場では、金・銀・銅が、それぞれ1%、3%、7%下落し、WTIは10%安と先週に続いて続落。最終的には現物を期限に受け取らなければならない商品先物市場は、株式市場よりもリセッションリスクに敏感のようです。

Continue reading "今週の相場(11/18時点)"

| | Comments (0)

November 13, 2022

今週の相場(11/11時点)

今週のS&P500は+5.8%、NASDAQは+8.1%、日経平均は+3.9%でした。

米長期金利は4.16%→3.81%に低下、ドルインデックスは110.8→106.4へ下落、ドル円は146円70銭→138円80銭へ墜落と、激しくドル安株高が進み、米2年債金利も、4.65%→4.33%と大幅に低下しました。

先週は手堅い内容の雇用統計とパウエル議長のタカ派発言で株安でしたが、今週は物価データが株の援軍でした。

10月CPIは、前月8.2%だった総合が7.7%、6.6%だったコアが6.3%へ低下。特にコア指数の前月比は+0.3%と、平常時の+0.2%にあと0.1%に迫る値となって短期投資家は狂喜乱舞、ショートカバーを巻き込んで、NASDAQが1日で7%以上も上昇する異常な過熱相場となりました。

ほんの1週間前、はしゃぎ過ぎてパウエル議長から叱られたことはもう忘れた様子です。

コモディティ市場では、金・銀・銅がそれぞれ5~7%ほど買われましたが、WTIはドル安にも関わらず4%安。

ゴールドはドル安と金利先高観の後退で素直に買われたものと解されますが、原油に関しては景気後退観測のファクターが大きいように思われます。

FedWatchによると、12月FOMCでは0.5%利上げ予想が81%にまで増え、0.75%利上げは先週の38%から19%に半減しました。

来年6月を見ると、予想最多が5.0-5.25%から4.75-5.0%に一歩後退し、来年末は4.25-4.5%が最多と、来年後半には利下げも織り込まれています。

日本人の米国株投資の成績は、これまで株安ドル高でチャラ、今週は株高ドル安でチャラのような風景かもしれませんが、いずれ為替が落ち着けば、株高が円高を上回る収穫期になることが期待されます。

ドル円の今後の推移については、短期的にはポジション巻き戻しの円高潮流が大きいものの、長期的には依然残る金利差と貿易収支の悪化というファンダメンタル上の円安観測が拮抗して、私には予測不可能です。

Continue reading "今週の相場(11/11時点)"

| | Comments (0)

November 06, 2022

今週の相場(11/4時点)

今週のS&P500は3.3%安、NASDAQは5.6%安、日経平均は0.3%高。なお、DOW指数は1.4%安と健闘しました。

米長期金利は4.01%→4.16%に上昇したものの、ドルインデックスは110.7→110.8とほぼ変わらず、ドル円は147円48銭→146円70銭とドル安方向でした。2年債金利も、4.41→4.65%と上昇しましたが、ドル買い反応は鈍くなりました。

2週連続の株高を見て、FRBのパウエル議長は「インフレに良くないから少し冷やそう」という気分になり、まずは10月30日のWSJで、「キャッシュリッチな消費者は、長期にわたって金利上昇を意味する可能性がある」と牽制。

そして予想どおりの0.75%利上げを決定したFOMC後の会見では、「利上げはより早くではなく、より高く、より長く」と、仮に12月FOMCで利上げ幅が縮小されたとしても、金利の最終到達点(ターミナルレート)は想定よりも高くなり、利下げは遠くなる可能性を示唆しました。

このため、楽観していた株式投資家は落胆して株を放り投げることになり、全てはデータ次第という振出しの気分に戻ったところで10月雇用統計が出ました。

雇用者数は26.1万人増加と予想の20万人増を上回ったものの、失業率は3.7%と前月の3.5%からは悪化し、賃金は前年比+4.7%と予想どおり。

1勝1敗1引き分け程度の内容でしたが、2年債金利は前日の4.71%から4.65%まで下がり、4日連続安のS&P500は反発と、強すぎる雇用統計ではなかったと受け止められた様子でした。

FedWatchでは、12月FOMCでの利上げ予想が、0.5%が52%、0.75%が48%と拮抗していますが、パウエル議長が、「より高くより長く」と、争点をずらしてしまったので、これまでほどは重要視されなくなったかもしれません。

ちなみに来年末の最多予想レートは4.75-5.0%となっており、1週間前の4.5-4.75%から0.25%上振れしています。

コモディティ市場では、銀が+9%、銅が+8%、WTIが+5%と反発。ゼロコロナ政策の修正の噂が飛び、売られる一方だった中国関連株が反発したことに呼応した動きのようにも見えます。

Continue reading "今週の相場(11/4時点)"

| | Comments (0)

October 30, 2022

今週の相場(10/28時点)

今週のS&P500は+4%、NASDAQは+2.2%、日経平均は+0.8%。ちなみにDOW指数は+5.7%と大きく買われて、50日線を上抜けしてきました。

米長期金利は4.2%→4.01%に低下、ドルインデックスも111.9→110.67に下落、ドル円は147円60銭→147円48銭と僅かながら下落。

先週は長期金利上昇にも関わらずにドル安株高でしたが、今週は金利が下がって素直にドル安株高となっており、2週連続のドル安株高となってトレンドは強まりました。

肝心の企業業績ですが、アルファベット(グーグル)は、売上・EPSともに予想割れの悪決算で、ユーチューブ広告売上は前年割れ。
マイクロソフトはまずまずの決算ながら、クラウド事業が成長率鈍化。
アマゾンは売り上げ見通しが期待以下で、メタは広告低迷の典型的ダメ決算。

広告依存モデルが苦しみ、グローバル企業は海外収益がドル高で目減りし、イケイケのIT企業ほどコストコントロールが出来ていないなどと総括されており、実質的にGAFAM決算は全敗だったとの評価さえ見られます。

9月のPCEコア価格指数が前年比5.1%上昇と、8月の+4.9%上昇から加速していることから考えても、11月のFOMCで0.75%の利上げは確実視されていると思いますが、FedWatchによる12月予想は、+0.75%が43%で+0.5%が48%。

即ち、12月の利上げペースダウン確率は半分程度なのに株式市場は前のめりに織り込みつつあるという冷ややかな評価も出来ますが、確率半分なら十分に乗る価値があるとも言えます。

中国共産党大会は、習近平ヨイショ組の独裁となり、ハンセン指数が8%安、NASDAQの「Golden Dragon China Index」は10%安です。

要するに、次の5年で台湾を統一し、その偉大なる業績によって更に5年やるぞ、という宣言がされたと理解されます。

前から言っていますが、中国は投資不適格国家であり、一切触れるべきではありませんし、その中国の大きな影響下にある日本も準不適格であり、距離を置くべきです。

圧倒的に安い円がいつまでも買われずに来ているのですから、割安日本株も永遠に買われない可能性があります。

Continue reading "今週の相場(10/28時点)"

| | Comments (0)

October 23, 2022

今週の相場(10/21時点)

今週のS&P500は+4.7%、NASDAQは+5.2%、日経平均は0.7%安。

米長期金利は4.0→4.2%に上昇しましたが、ドルインデックスは113.3→111.9に下落、ドル円も148円75銭→147円60銭に下落と、マーケットは金利上昇にもかかわらず、ドル安株高でした。

日本時間の金曜夜、FRBの影武者であるWSJのニック・ティミラオス記者が、「(11月FOMCで)FRBは0.75ポイントの利上げを決めているが、一部の当局者はインフレ対策としての大幅な利上げに大きな不安を示している。」とのタイトルの記事を揚げました。

要するに、三段跳びである0.75%利上げは11月が最後になるだろうとのスタンスが示されたので、投資家の気分は株を買うリスクオン方向へと誘導されました。

それに続いて、23時半頃から2回目の大規模円買い介入が行われ、ドル円は152円間近から5円近く押し戻された格好になっています。

FedWatchでは、11月FOMCでは0.75%利上げが95%織り込みですが、12月FOMCでは0.75%利上げが先週の70%から46%に後退し、0.5%利上げが過半数になっています。

コモディティ市場では、WTIがほぼ変わらずですが、銀が+7%、銅が+2%と、先週の不景気トレードに比べれば、ややリスクオンに振れた印象です。

Continue reading "今週の相場(10/21時点)"

| | Comments (0)

October 16, 2022

今週の相場(10/14時点)

今週のS&P500は1.6%安、NASDAQは3.1%安、日経平均は0.1%安。ちなみにDOW指数は+1.2%でした。

米長期金利は3.89%→4.0%に上昇。ドルインデックスも112.8→113.3に上昇、ドル円は145円30銭→148円75銭と、介入警戒ゾーンの中を駆け上りました。

円安ペースが少々早い感じがするので、週明けは介入可能性が囃されるかもしれませんが、いずれにせよマーケットの大きな流れを恣意的に変えることは困難です。

先週は強い雇用統計が金利高株安をもたらしましたが、今週のCPIも強い内容でした。

総合は前年比8.2%で、前月の8.3%を僅かに下回ったものの、予想の8.1%よりは上。コアは6.6%と、前月の6.3%と予想の6.5%の両方を上回りました。

コアの前月比は2か月連続で0.6%と、足元でインフレペースが落ちていませんので、年率7%程度のコアインフレ率に対して現行のFFレート3.25%では太刀打ちできないとの認識が強まり、FedWatchでは、11月と12月のFOMCで、またまたまた0.75%利上げが予想最多。年末FFレートは、4.5~4.75%になることが織り込まれています。

米2年債金利は、年末政策金利を先取りするように、先週の4.3%から4.5%まで上昇しています。

コモディティ市場ではWTIが8%下落し、銀も10%下落。こちらは金利上昇による不景気織り込みトレードの様相で、特に資源ドカ食い中国の長期景気低迷観測が語られています。

Continue reading "今週の相場(10/14時点)"

| | Comments (0)

October 09, 2022

今週の相場(10/7時点)

今週のS&P500は+1.5%、NASDAQは+0.7%、日経平均は+4.5%。

米長期金利は3.83%→3.89%に上昇。ドルインデックスも112.2→112.8に小幅上昇、ドル円は144円80銭→145円30銭へと、介入警戒ゾーンまで円安が進みました。

今週は豪中銀の利上げ幅が0.25%と、予想の0.5%よりも小さかったことなどから、株式市場では利上げペースの鈍化期待が強まっていましたが、9月の米雇用統計は、総じて強い内容でした。

雇用者数は26万3000人増と予想の25万人を上回り、失業率は前月の3.7%から3.5%に低下。平均時給は前年比+5.0%と前月の+5.2%から低下したものの、ほぼ予想どおり。

また労働参加率は62.3%と前月の62.4%から予想外に低下し、米国民は徐々に職場に戻っているとの観測はサポートされませんでした。

発表を受けて市場の反応は、金利高→ドル高→株安。

11月FOMCでの利上げ予想は、またまた0.75%の三段跳びが8割以上に上昇。足元の2年金利も4.27%から4.31%に上がっており、為替相場でのドル高をサポートしました。

コモディティ市場では、OPECプラスの減産報道を受けてWTIが+17%の93$。冬を控えてヒーティングオイル(ボイラー用燃料油)は+20%。銀とプラチナが+6%と、資源主導のインフレがまた復活しそうな嫌なムードも漂います。

Continue reading "今週の相場(10/7時点)"

| | Comments (0)

October 01, 2022

今週の相場(9/30時点)

今週のS&P500は2.9%安、NASDAQは2.7%安、日経平均は4.5%安。

米国株指数の下げ率は先週より縮小したものの、依然として売り圧力が強く、3Q期末のお化粧買いどころか、低金利時代の厚化粧がどんどん剥がれていくような毎日です。

米長期金利は3.69%→3.83%に上昇。逆にドルインデックスは113→112.2に下落しましたが、ドル円は143円30銭→144円80銭へと円安が進みました。

容易には改善しない投資家心理に、英国の混乱が拍車をかけました。

発足したばかりのトラス政権は先週末、公約を5割上回る7兆円規模の大型減税を発表。とりわけ、減税で成長率を2倍にして国債を返済するのが政府方針と伝わったことは、政権が経済オンチだという不安感を急速に高め、週初の市場でポンド円は155円から148円に急落。

英10年国債は売られて長期金利は3.5%から4.5%に急騰し、英国債で運用する年金基金が破綻の瀬戸際と伝わり、急遽イングランド銀行が国債を買い支えする「量的緩和政策」に時限転換するという、耳を疑うようなドタバタ劇が展開されました。

影響は日本株個別銘柄にも及び、英国ファンドの保有率が高いマツダや川崎汽船が週間で20%近く売られるなど、日本株の下落を後押しするような結果も招いています。

英国政府は減税計画を縮小する修正に追い込まれるだろうとの見方も発生しています。

米長期金利は節目と見られていた3.5%を大きく上回る水準となっていますが、ドル円には介入警戒感があり、145円に飛び込む勇者は今のところ現れていません。

2.8兆円の介入に一定の時間稼ぎ効果があったことは認められますが、そもそも過熱気味だったドル円相場の下値固めを手伝ったに過ぎないとの見解もあり、長期的にはノイズとして忘れられていくのが単独介入の宿命と考えられます。

なお、FRBのブレイナード副議長が30日に、「金利が上昇する中で、国境を越えた波及と跳ね返りがどのような形で金融の脆弱性と影響し合うかを考慮すべきだ」と、やや軌道修正を示唆するような発言もしているので、今後のパウエル議長の発信には要注意かと思われます。

Continue reading "今週の相場(9/30時点)"

| | Comments (0)

September 25, 2022

今週の相場(9/23時点)

今週のS&P500は4.6%安、NASDAQは5.1%安、日経平均は1.5%安。DOW指数は年初来安値です。

米長期金利は3.45%→3.69%に上昇、ドルインデックスは109.6→113に上昇、ドル円も142円90銭→143円30銭へとドル高が進みました。

21日のFOMCでは、予想どおり0.75%の利上げ。FRBメンバーが予想する年末金利は4.4%と前回の3.4%から上方修正され、来年末時点も4.6%と前回の3.8%から切り上がりました。

CMEのFedWatchでの年末金利は、4.25-4.5%が予想最多ですので、残り2回のFOMCで1.25%の利上げが織り込まれています。11月FOMCでは、4回連続の三段跳びが見られそうです。

日本政府は為替市場に単独で円買い介入しましたが、貴重な外貨を無駄遣いする愚策という評価になると思います。「介入は買い場」が法則ですから、ドルを買い増ししました。

介入は一時的に145円を140円まで押し下げましたので、倍返しで150円という分かりやすい目標が設置されました。

英国政府はインフレ対策として大型減税と国債発行増額を決めましたが、英国は株、債券、通貨のトリプル安に見舞われました。ポンド/ドルは先週の1.14から1.08に急落し、パリティ予想が増えています。

ポンドと言えば1992年、ジョージ・ソロスによるポンド売りが有名ですが、あの時もポンドを買い支えようと市場介入していたイングランド銀行が白旗を揚げました。

コモディティ市場では、WTIが7%安、ドクターカッパーが5%安。

市場の懸念はインフレと不景気両方となり、買えるリスク資産が殆ど無くなってきました。ビットコインも節目の2万ドルを下回っています。

Continue reading "今週の相場(9/23時点)"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧