December 08, 2018

今週の相場(12/7時点)

今週のアメリカのメディアは、パパブッシュの追悼一色でした。

現役時代、これほどの人気はなかったと記憶していますが、今になってみれば、大統領のパーソナリティもアメリカの求心力も随分とマシだったという懐古的な気分が感じられます。

マーケットは荒れています。
今週のDOWは、4.5%安、NASDAQは5%安。
日経平均は3%安ですが、月曜までの7連騰で1000円以上上がり、その後の3日間でその全てを吐き出しました。

キーワードは、「逆イールド」と「ファーウェイ」でしょうか。

アメリカのイールドカーブ。

Yc12088

2年が2.71%、5年が2.69%と逆転していますが、2年と10年(2.85%)の逆転はまだ。
また、仮に長短金利が逆転しても、現実の景気後退には1年程度のタイムラグがあることが知られています。

要するに投資家は、ビビッてます。

株のハイボラに比べると、為替市場は比較的冷静。
ドルインデックスは、先週の97.3→96.7と若干低下。
この間米長期金利は2.99%→2.85%と低下しているので、金利との整合性はあります。

ドル円は、113円50銭→112円70銭。
依然として、株安の割には円安(ドル高)基調が大きくは崩れません。

イギリスはブレグジット、ドイツはメルケル弱体化、イタリアは財政問題、フランスは国内暴動と問題ありすぎて、ユーロが買えないからドルは売られにくい、という背景があるのかもしれません。

Continue reading "今週の相場(12/7時点)"

| | Comments (0)

December 02, 2018

今週の相場(11/30時点)

今週のDOWは+5.2%、NASDAQは+5.6%と大きく反発。

日経平均は、+3.3%ですが、6連騰。
ドル円は、112円90銭→113円50銭へと、60銭程度の円安方向でした。

FRBのパウエル議長が、10月3日の「a long way from neutral 」→11月28日「just below a range of estimates of the so-called neutral level」と、金利へのトーンを変更したことが、市場にポジティブインパクトを与えました。

この間、DOWは8%ほど下がっていましたから、いつもどおり、株価が下がれば利上げが遅れるというFRBへの期待感が膨らみました。

利上げを嫌うトランプへの配慮という声もありますが、経済指標にも変化が現れています。

アメリカ新規失業者数。

Sinkisitugyou111

Continue reading "今週の相場(11/30時点)"

| | Comments (0)

November 25, 2018

今週の相場(11/23時点)

今週のDOWは4.4%マイナス、NASDAQは4.3%マイナス。
両指標とも、先週の約2倍の下げとなりました。

日経平均は、前週比で▲34円しか動かず、マイナス0.2%。
ドル円も112円80~90銭で、ほぼ変わらず。

通常のリスクオフ局面は円高に波及して日本株を売らせますが、今回はドルへの需要が強く、円ショートがなかなか崩れないため、「ドル円しっかり」が日本株を下支えしています。

米長期金利は、3.06%→3.04%へと若干下がりましたが、株売りを止めるほどの効果はありませんでした。

ドルインデックスは、96.4→96.9と、ドル堅調。
金利低下でもドルへの逃避(?)買いです。

原油価格(WTI)は、56.4$→50.4$と10%下落。
10月初旬の76$以降、つるべ落としのように降下し、アセット全体の下げを主導する事態となっています。

Continue reading "今週の相場(11/23時点)"

| | Comments (0)

November 17, 2018

今週の相場(11/16時点)

今週のDOWはマイナス2.2%、NASDAQはマイナス2.1%、日経平均はマイナス2.6%。

この間、米長期金利は3.18%→3.06%に低下。
ドル円は、113円80銭→112円80銭と、およそ1円の円高。

米国株の調整は深まり、今週は金利低下でも反発できませんでした。
日本株は米国連動の下げに加え、円高傾向が重しです。

投資家はイケイケドンドン銘柄を避けてディフェンシブ銘柄にシフト。
そのため、P&GやJ&Jに支えられる格好でDOWは200日線を維持していますが、NASDAQはその下にあります。

Continue reading "今週の相場(11/16時点)"

| | Comments (0)

November 10, 2018

今週の相場(11/9時点)

今週のDOWは+2.8%、NASDAQは+0.7%と上昇。
日経平均は+7円と、ほぼ変わらず。
ドル円は、113.20円→113.80円と円安方向でしたが、日本株のポジティブな反応は限定的でした。

この間、米長期金利は3.21%→3.18%と下落。
今週は短い間に紆余曲折ありましたが、結局は「金利低下なら株価上昇」のシナリオで、どうにか着地したといったところです。

ドルインデックスは、96.5→96.9と、金利低下にも関わらず上昇。
「ドルの名目実効レートが33年ぶり高値」との記事が日経に出ています。(https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3753436008112018MM8000/

通貨高が政治的なターゲットになりやすいことは言うまでもなく、特にトランプのtweetには要注意かと思われます。

Continue reading "今週の相場(11/9時点)"

| | Comments (0)

November 04, 2018

今週の相場(11/2時点)

株式相場はボラタイルな展開が持続中で、DOWは先週のマイナス3.0%に続いて今週は+2.3%。
NASDAQは、マイナス3.8%→+2.6%。

DOWは200日線を維持するところまで戻りましたが、NASDAQは依然割れています。

日経平均の直近2週は、マイナス6%→+5%の乱高下。

結局のところ10月1ヶ月間で見ると、DOWがマイナス5%、NASDAQマイナス9%、日経平均もマイナス9%でした。

株価の調整は、(1)過熱感への警戒(2)金利上昇(3)中間選挙10月底値のアノマリー、の3つで説明可能かと思います。

株式に比べて冷静だった為替は比較的安定。
今週のドル円は、111円90銭→113円20銭のドル高方向。

ドルインデックスです。

Dxy11033

ドルの堅調ぶりの背景は金利高でしょう。

Continue reading "今週の相場(11/2時点)"

| | Comments (0)

October 20, 2018

今週の相場(10/19時点)

今週のDOWは、+0.4%、NASDAQはマイナス0.6%。
日経平均はマイナス0.7%、ドル円は週間で、112円20銭→112円50銭と若干の円安でした。

NASDAQの日足です。
Nasdaq10299

「今回もすぐに戻るのでは」
「いや、それほどは甘くない」という格好になっています。

米長期金利。


Usintere10200

8月下旬以降の上昇カーブが急峻なため、やや調整が入ったような形ですが、今週の動きは3.16%→3.19%。

堅調に上昇する長期金利が、株式市場の安直な戻りを許さないように見えます。

Continue reading "今週の相場(10/19時点)"

| | Comments (0)

October 13, 2018

今週の相場(10/12時点)

今週のDOWはマイナス4.2%、NASDAQはマイナス3.8%。

日経平均はマイナス4.6%(1088円)で、ドル円は113円70銭→112円20銭と1円50銭の下げ。
為替相場に比べて株の変動が大きいのは、それだけ「踊っていた」からということでしょう。

ドルインデックスは、95.6→95.2と、ややドル安。

米10年金利です。

Us10ykinri10133

今週は、3.23%→3.16%と低下。

金利上昇が株安の理由とされますが、今週限定で見れば、株安で金利低下です。

結局のところ、高値が警戒された株から債券への資金移動が起こり、それによる金利低下が株安へのブレーキとして機能するという伝統的なセオリーどおりで、特別のことが起こっているわけではありません。

じわじわ上がってドスンと落ちるのが株式相場の常です。

Continue reading "今週の相場(10/12時点)"

| | Comments (0)

October 07, 2018

今週の相場(10/5時点)

今週のDOWはマイナス0.1%とほぼ横ばいでしたが、NASDAQはマイナス3.2%と大きく下げ。
日経平均も1.4%の下げ。
ドル円は一時114円台半ばまで上昇したものの、最後は113円70銭と往って来いでした。

今週のハイライトは何と言っても金利上昇。

Us10y10077


米長期金利は、3.06%→3.23%まで急上昇。
2年金利も2.81%→2.88%となり、長短金利差は0.25%→0.35%と急拡大。

利ざやの拡大が意識され、全体が軟調にも関わらず、JPモルガンの株価は、112.06(配当調整後)→114.62$と上昇しました。

長期金利の急騰の背景は、経済指標の強さ、原油価格上昇、アマゾンの賃金引き上げ、FRBの強気姿勢などと報道されています。

大量の債券ショート勢としては顔が立った格好ですが、金利上昇の持続性については何とも言えません。

CFTC債券ポジションです。
Cftcsaike33

Continue reading "今週の相場(10/5時点)"

| | Comments (0)

September 30, 2018

今週の相場(9/28時点)

今週のDOWはマイナス1.1%、NASDAQは+0.7%と小動きでしたが、日経平均は先週の+3.4%に続いて+1%で24120円。
ザラ場高値は24,286円と、約27年ぶりにバブル後最高値を更新しました。

ドル円は112円50銭台→113円60銭台へと約1円の円安。

欧州では財政赤字の拡大懸念でイタリア株(↓)が大きく下落。
Italystock09299
金曜日だけで3.7%も売られ、ドイツ株やイギリス株にも影響は波及。
元々、DAXやFTSEは「買いにくいチャート形状」でしたが、益々買いにくくなりました。

ユーロ売りの影響でドルインデックスは上昇したものの、ドル高トレンドとは言えないようです。
Dxy09299

米長期金利は3%を超えたものの、そこからの上昇勢いは弱く、株の適温相場を壊すほどの高金利では無いと解釈されているようです。

また、仮に米金利が大きく上昇した場合でも、その円安効果で日本株は比較優位だろうという思惑も、日本株への短期的資金流入をサポートしています。

Continue reading "今週の相場(9/28時点)"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧